全カテゴリー(サイトマップ)

『エンデューロバイク初心者』が最初に買うべき8つの装備とその総額は?

初めてのエンデューロが終わって、すっかりエンデューロの虜になった、どーもKEN兄(@KEN23_jp
です。

エンデューロを始めようと思うけど、何を買えばいいのか分からないという人が多いと思います。

この記事ではエンデューロ初心者の人が最初に揃えるべき8つの装備と総額をご紹介します。

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の一つ目はオフロードヘルメット

オフロード用のヘルメットはオンロードとは違い、デザインが豊富で値段も結構手頃です。

何を基準に買うかは人それぞれですが、僕がオフメットに一番求めることは『軽さ』です。

オンロードと比べて、オフは首を動かすことが多いので、とにかく軽いものを選びました。

そして、公道でも使えることが必要だったのでMFJ公認のヘルメットを購入しました。

KEN兄が買ったオフロードヘルメット

抜群に軽くて、マオリのデザインというところに一目惚れして、SUOMYのMAX Flightを購入しました。

海外のヘルメットは外人さんの頭の形に合わせて作られています。頭の形とヘルメットが合わなくて、被れないことがあるので、必ず試着して買いましょう。

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の二つ目はオフロードブーツ

オフロードブーツの二台ブランドと言えばアルパインスターとガエルネです。

この二つのフランドのいづれかを選んでおけば、ほぼ間違いありません。

KEN兄が買ったオフロードブーツ

ガエルネのG-reactと迷いましたが、プロテクターがしっかりしていて履き心地が良く、そして見た目がかっこいい、アルパインスターのTech7を購入しました。

エンデューロを長く続けようと思っている人は、はじめからしっかりしたブーツを購入するのがおすすめです。

良いブーツが必ずしも履き心地が良いとも限りませんので、できるだけ色んなブーツを履いて試してみましょう。

アルパインスターのTech7

アルパインスターのTech7

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の三つ目はゴーグル

オフヘルメットは、オンロードヘルメットと異なりシールドがありません。

シールドの代わりにゴーグルを着用します。

ゴーグルは、スノボーで使用するものでも問題はありませんが、オフロード専用のものはバンドの裏側に滑り止めの加工がされているので、できればオフロード専用のものを選ぶのがおすすめです。

僕はメガネをかけているので、さらにOTG(On the Glasses)=メガネOKと書かれたゴーグルを選びました。

KEN兄が買ったゴーグル

機能性に大きな違いはないので完全にデザイン重視でSCOTT SPLITのゴーグルを購入しました。

SCOTTのゴーグル

SCOTTのゴーグル

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の四つ目はモトクロスジャージ

オフロードの装備を揃えるときの醍醐味の一つがモトクロスジャージ選びです。

本当にたくさんのメーカーが出しており、さらに各メーカーからも色んなジャージが出ています。

選択肢が多い分、色んな合わせができますが、その分迷います。

基本的には上下を合わせて購入しますが、中には上下異なるものを着ている人もたまにいます。

ジャージは上を先に選ぼうとすると本当にデザインで選ぶことになります。

ジャージの下はデザイン以外に履き心地と動きやすさがメーカーによってかなり違います。

そのため、はじめに下から選ぶと比較的容易にジャージを決めることができるのでおすすめです。

KEN兄が買ったモトクロスジャージ

ジャージの下の動き易さが抜群に良かったアルパインスターのモトクロスジャージを上下で購入しました。

アルパインスターはゴワゴワせずにスリムなシルエットで見た目も良くとても動きやすくておすすめです。

上下のモトクロスジャーズ

上下のモトクロスジャーズ

メモ
はじめたては転んでジャージを破ったりします。。せっかく選んだジャージが破けると痛いです。はじめは中古や安めなもので揃えてもいいかもしれません。

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の五つ目はプロテクター

胸と肩を守るチェストプロテクター、肘を守るエルボーガード、膝を守るニーガードがあります。

ぶっちゃけ全部つけるとかなり動きにくいです。

試着すると着なくてもいいかなぁって気持ちになりますが、エンデューロをはじめたてはとにかく転びまくります。

転びまくって、転ばないようにどうするか考えながらうまくなっていくんだと思います。

なのではじめのうちは動きにくくてもプロテクターとガードはできるだけつけるのがおすすめです。

初めてのレースに出た後にチェストプロテクターを確認したら、結構傷ついてました。。

プロテクターの傷その1

プロテクターの傷その1

プロテクターの傷その2

プロテクターの傷その2

KEN兄が買ったプロテクター

トロイリーデザインのプロテクター

トロイリーデザインのプロテクター

メーカーによって動き易さが違いますが、トロイリーデザインのプロテクターとガードが一番動きやすかったので購入しました。

メモ
プロテクターとガードの動き易さは、一方でプロテクターとしての防御力の役目とトレードオフしていることもあるので、動き易さばかりにこだわり過ぎずバランスよく選びましょう。

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の六つ目は腰ベルト

腰痛持ちの人は必須のアイテムです。

腰痛持ちの人でなくても、エンデューロでは内臓が揺すられて、内臓から疲労が溜まっていくそうです。

内臓を抑えるために腰ベルトはとても効果的です。

そして、初心者はバイクを倒しまくるので、バイクを起こすときに腰をやらないためにも腰ベルトは必須です。

KEN兄が買った腰ベルト

特にこだわりがなかったので、LEATTのウエストベルトを購入しました。

ちょっとゴツいのでジャージが入らなくなるかもしれないので注意してください。

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の七つ目はグローブ

ジャージに合わせて買う人が多いと思うので、あまり迷うことはないと思いますが、メーカーによって握り心地が異なるので、色んなメーカーを試してみるのがおすすめです。

KEN兄が買ったグローブ

薄くて、グリップ感がダイレクトに感じられるアルパインスターのグローブを買いました。

アルパインスターのグローブ

アルパインスターのグローブ

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の八つ目はキャメルバッグ

エンデューロは基本的に走り続けます。

途中でピットによって給水することも可能ですが、時間が勿体無いないのでキャメルバッグを背負って、いつでも給水できるようにします。

使い勝手に大きな違いがないので、好きなデザインのものを選べばいいと思います。

長丁場のレースだと必須なので、できるだけ用意するようにしましょう。

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」の総額

色々揃えて結局いくらかかるの?ってところが気になると思います。

選ぶメーカーによって金額は変動しますが、僕の場合は概ね18万くらいかかりました。内訳は以下の通りです。

間違いなく安くないです、、、、しかし、怪我する前の保険と思えば、べらぼうに高いとも言えません。

楽しく安全に遊ぶっていうのが長く続けるコツなので、掛けるところには躊躇せずお金をかけましょう!!

メモ
少しでも安くする方法として、メルカリやヤフオクで中古を探して買うと初期投資を結構抑えられます。

「エンデューロ初心者が最初に買うべき装備」のまとめ

この記事ではエンデューロ初心者の人が最初に揃えるべき8つの装備と総額をご紹介しました。

最初に揃えるべき8つの装備をおさらいすると

  1. オフロードヘルメット
  2. オフロードブーツ
  3. ゴーグル
  4. モトクロスジャージ
  5. チェストエルボーニーシン
  6. 腰ベルト
  7. グローブ
  8. キャメルバッグ

総額が結構高くて、エンデューロ初心者にとっては二の足を踏んでしまいますが、この金額を支払ってもお釣りがくるぐらいエンデューロは過酷で楽しいです 笑。

一回やってみて、合わなければメルカリかヤフオクにでも出せばそれなりに投資額を回収できる、くらいのノリで始めてもいいと思います。

オフロードグッズは種類が多いので、色々迷うことも多いと思いますが、やっぱり選んでいる時が楽しいので、迷う時間もぜひ楽しんで、充実したエンデューロライフをスタートさせてみては如何でしょうか?

以上、KEN兄(@KEN23_jp)がお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA