全カテゴリー(サイトマップ)

『旧チンクエチェント500』購入を失敗しないための注意とノウハウは?【前編】

鹿島神宮前のチンク

旧チンクエチェント(通称:チンク)に乗る前はBMW X5に乗っていました。都内で乗るには大きすぎるサイズでしたが、エンジン音や運転が楽しく、不便さよりも楽しさが上をいっていました。
しかし、2年ほど前からコンピュータやサスペンション等の故障がとても多くなりました。修理代の問題よりも次から次にやってくる故障に自分では何もできず、ただショップにもっていって直してもらうことに大きなストレスを感じるようになりました。

クルマってなんだろう?

ある本を読んでいたとき、ふっと感じることがありました。
CD、カーナビ、シートヒーター等の装備って、本当に必要なのかな?

綺麗な考える女性

今まで当たり前のように便利な機能を使用していましたが”ある場所からある場所に移動する”。その目的を達成する道具が、本来のクルマのあるべき姿ではないかと…。

古人はこれを”足るを知る”といいました。

チンクエチェントとの出会い

クルマに対するモヤモヤが晴れてきたのと時を同じくして、今の相棒チンクに出会いました。

エアコンなし、CDなし、もちろんカーナビだってない。本当に何もありません。ただただシンプルに走ることに真っ直ぐなクルマ。この出会いに迷いはありませんでした。初めて投稿したブログにも書きましたが、今まで整備なんてやったことはありません。今でも自分ができるのか分かりません。

でもチンクと永く付き合っていきたい、その強い気持ちには自信がありました。ブログを立ち上げるくらい、チンクの魅力に心動かされました。

購入前の下調べ

・主治医探し
自分で整備するモチベーションがどんなに高くても、知識を持たずに整備するのはさすがに無謀。
自分で整備することを前提に近所でチンクの主治医になってもらえるお医者さんを探しました。

幸い、VWビートルを得意とする整備場があったため、何かのときに相談できる環境を整えることができました。
医者と看護師と患者
・パーツの入手経路開拓
主治医の方からパーツはできるだけ自分で手に入れてね、という条件が出されていたため、インターネットで探して海外のサイトで購入できる経路を開拓しました。
実際にルームミラー交換のときにそのサイトを利用して個人輸入しました。やり方はとっても簡単なので後日ブログにアップします。

後編につづく
MACに置いたチンクのヘインズ社のマニュアル 旧チンクエチェント500|旧車の維持費は高いのか?【後編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA