全カテゴリー(サイトマップ)

ムルティストラーダ1200S【足つき性徹底検証】胴長短足の僕のちょっとした工夫とは?

ムルティストラーダ1200Sを片足をついた時の横

購入にあたり、イタリア人向けに作られたであろうムルティストラーダ1200Sの足つき性は皆さん気になるところだと思います。僕も試乗する時に足つき大丈夫かな?と不安でした。

結論から申しますと身長170cmでお世辞にも足が長いとは言えない僕でも不安定さを感じることなく足を着くことができます(計測したら股下76cmでした、、、はいそこ!短いとか言って笑わない!先生怒りますよ!)。

お尻をズラせば片足ベッタリつけることも可能ですが、お尻をズラさなくても爪先立ちにならずに両足をつけることができます。よほど疲れた時でない限りは片足ベッタリ着くようなことはしません。参考までに僕が跨った時の写真を掲載しておきます。
※撮影のためにかなりラフな格好ですが、走るときはしっかりガードできる格好で乗ってください!(空中1回転の経験あり)

両足をついた時の正面からのショット
ムルティストラーダ1200Sを両足をついた時の正面

片足をついた時の正面からのショット
ムルティストラーダ1200Sを片足をついた時の正面

両足をついた時の横からのショット
ムルティストラーダ1200Sを両足をついた時の横

片足をついた時の横からのショット
ムルティストラーダ1200Sを片足をついた時の横

シートはノーマルを使っており、アンコ抜きもしていません。今回シートをよく観察してわかりましたがノーマルでも結構えぐれています。これでも足つきが良くないという方はローシートに変更するという選択肢もあると思います。

上から見ると座面が結構絞られていて足つきの良さに寄与しています。
ムルティストラーダ1200Sの座面の上

横から見るとシートのえぐれ具合がよく分かります。
ムルティストラーダ1200Sの座面の横の引き

シートを横から見た時のアップです。
ムルティストラーダ1200Sの座面の横のアップ

僕って意外とイタリア人体型ってことか…!ないな 笑。

足つき性と直接関係があるかどうか分かりませんが、ムルティストラーダはもともと重心が高めなので、燃料満載時にバランスを崩すとどんなに足つき性が良くても重さに耐えきれず、車体を倒してしまうので注意が必要です(経験者談)。

足つき性が心配で購入しようか迷われている方は、意外とイケるかも!って気づいて頂けたことと思います。一度ディーラーさんに試乗がてら跨りに行ってみては如何でしょうか?

今日も最後までにお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA