大切な人へのクリスマスギフトをアマゾンで選ぼう

De-Clockという不思議な夢

いつも起きた時に夢は覚えていない。今日は珍しく見た夢を結構はっきりと覚えていた。起きた瞬間、この夢はDe-Clockだ、と頭の中にはっきりと浮かんだ。De-Clockが何を意味するのか全く分からないが、なぜかその単語だけが頭に浮かんだ。

夢の内容は、何かを受け入れた時に今まで見えていたものが全て歪んで見えるという不思議な夢。特に歪んだ時計がとても印象的だった。この時計の印象が強かったからDe-Clockという言葉が浮かんだのかもしれない。

滅多に覚えていない夢を覚えているということは何かしらのメッセージなのかもしれないが、夢の内容が現実離れしすぎていて何を伝えたいのかはさっぱり分からない。そのうちヒントが出てきて現実とリンクするのかもしれない。

しかし親知らずが痛い。これは現実だ。だましだまし親知らずとの決戦を先延ばしにしていたが、いよいよ真っ向勝負が必要な時がきたようだ。痛み止めを飲んでも痛いなんていう経験は今までにない。。もっと体を労わりなさいというメッセージなのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA