ヨーロッパのアルプスをムルティストラーダ1200Sで5日間ツーリングしてるぞ!いよいよ初日の宿に到着【0日目】

実際にバイクにまたがって走り出すまであと1日となりました!毎日早くバイクに乗りたくてうずうずしていました。

ヨーロッパのアルプスをツーリングしてるぞ【-1日目】はこちら

今日はメンバーの皆さんとミュンヘン空港で合流し、初日の出発地に向けてバスで移動しました。

ミュンヘン中央駅の乗り場がややこしい

ミュンヘン中央駅からミュンヘン空港までは電車で向かうことにしました。例のごとくGoogleマップで検索すると1番線から出発するとのことだったので、ホームを探しますが、1番線がない!いや見つからない。。

大きなプラットホームには5番ホームからしかありません。。壁の間の柱の中に隠しホームがあるのかと思い突っ込もうかと思いました。結局地下にホームがあることが分かり、出発ギリギリで飛び乗った電車がこれまた逆方向に行っちゃう電車でした。

慣れないと空港に行くだけでも大変です。ルフトハンザのエアポートシャトルがあるそうなので、次回はそのバスを試そうと思いました。

無事にミュンヘン空港に到着し久しぶりに仲間と再会

一人旅も良いですが、みんなと色々話しながらする旅行もこれまた楽しいです!

今回ツーリングを一緒にする仲間と久しぶりに会い、気持ちが盛り上がってきました!

バスとのMeeting Pointへ行くまでに迷走・・・

みんなで集合してバスと落ち合うために歩き出しましたが、場所がよく分からず迷走して付近を一周して戻ってくるというコントみたいなことになりました。

無事バスと落ちあうことができ、みんなの荷物を満載して出発しました。

目的地まで渋滞で4時間半もかかってしまった・・・

10時に出発して12時半到着予定が、渋滞に巻き込まれて到着したのが14時半でした。

途中トイレ休憩で1回停車したのみでした。

パーキングエリアで見たバレンティーノロッシのロゴが書かれたトラック

パラボラアンテナつきトラック

日本とは違う風景だったので、車窓を見ていて面白かったです。

ホテルの周りの景色がとても綺麗

山々に囲まれたホテルなので景色がとっても綺麗です!空気も澄んでいて、外にずっといるだけでも心が癒されます。もう言葉が必要ないくらいの景色でした。

ホテルのトイレがすごいことになっていた

ホテル全体がとても歴史のある建物で、建物全体がレトロで良い雰囲気です。そんな中異彩を放っていたのがトイレです。とても落ち着かないトイレになぜこうしようと思ったのか謎が謎をよびました。

部屋がとっても良い!良すぎる!!

建物のレトロな作りに負けず劣らず、部屋の内装もとっても趣があり良い雰囲気でした。部屋からの眺めも抜群で本当にすべて最高です。

街中を散策

チャックインを済ませて荷物を部屋に置いた後、17時のツーリング全体に関するブリーフィングまで時間がありました。せっかくなのでメンバーの方と遅めのランチを食べがてら町の散策に出かけました。

途中に子供用のミニ蒸気機関車の公園があり、実際の蒸気機関車をそのままミニサイズにしただけなので、音や動きが本物と全く同じで驚きました。

田舎町のせいかこれといったショップはなく、さらに日曜日だったのでコンビニも閉店していました。

ランチは近くにあったイタリア料理レストランでパスタを食べました。ボリュームが多く、19時から夕飯だというのに食べ過ぎてしまいました。せっかくなのノンアルコールビールを注文して、ビールを楽しみました。

ツーリング前の全体ブリーフィングは重要な情報が盛りだくさん

19時からのディナー前にツーリング全体に関するブリーフィングが17時から1時間半ほど英語で実施されました。このブリーフィングでは走行における注意点や、仲間からはぐれてしまった時の対処法など結構重要な情報が提供されます。最後に保険の免責をどうするのか?を決めて必要なサインをすればキーが渡されて完了です!

今回のツーリングの相棒に挨拶をしに行く

今回は現地でバイクを借りました。借りたバイクは日本で乗っているバイクと同じムルティストラーダ1200Sです。違う点としては両サイドにパニアケースが付いていることとセンタースタンドが付いていることぐらいでした。エンジンをかけて音を聞いた瞬間に乗りたくてウズウズしてしまいました。あと1日だったのでどうにか我慢しました。

ディナーがとっても美味しい

チェックインの時にあらかじめスープとメインとデザートを聞かれるので、自分の食べたいものを選びました。サラダはビュッフェスタイルで好きな物を持ってくるやり方でした。

まとめ

今日はツーリングの前日ということもあり、やることが盛りだくさんでした。そして明日からのツーリングがとても楽しみです。明日は48のヘアピンコーナーがルートに含まれているなど初日からエキサイティングなルートなので、とっても楽しみです。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA