全カテゴリー(サイトマップ)

連日アドレナリンが出まくった旅の後の社会復帰には注意が必要だと分かった。

ヨーロッパアルプスをツーリングしてきて2日後から普段の生活に戻りました。

数日して感じたことがありました。いつもの旅と比べて気持ちが社会復帰するのが結構大変だなぁと思いました。楽しみすぎたかなぁと思いましたが、旅行に行けばいつも楽しいのは変わらなかったので大きな原因ではなさそうでした。

何だろうなぁとボーッと考えているといつもとは大きく異なる要素があることに気がつきました。連日バイクに乗ってテンション高めでアドレナリンの分泌量も今までの旅行の比ではありません。

楽しいだけならまだしもアドレナリンが毎日ガンガン分泌されていた旅行中から、アドレナリンとは程遠い毎日の生活に戻ればその反動の大きさも納得がいきました。

ではアドレナリンどぱどぱの生活から普通の生活に戻るためにはどうしたら良いのか?

一番確実な対処法は、社会復帰までに3〜4日程度のリハビリ期間を設けることです。今回僕は1.5日しか間隔をあけませんでした。そのため、反動は結構大きめなのがきました。。とっても反省です。この方法は確実かもしれませんが、日数が必要なのであまり現実的ではないかもしれません。

もう一つ試してみようと思っている方法があります。バイクに乗ることです。僕の場合、バイク通勤しているので比較的簡単です。アドレナリンの分泌量を徐々に減らして普段の生活に戻るのが良さそうな気がしたのでこの方法をしばらく試してみようと思います。

最後の方法は効果があるかどうか分かりませんが、旅行中の写真を見て妄想する。なんか効果なさそうだな 笑。逆にアドレナリンの分泌量が増える可能性がある諸刃の剣、くれぐれも用法用量にご注意の上、お医者さんの指示に従ってご使用ください。もしお医者さんの紹介が必要な場合にはオススメのハイなお医者様をご紹介させて頂きます。

まとめ

ということで旅の後遺症が出てしまったため、その対処法を自分なりに考えました。

真面目な話、旅中にアドレナリンが多く分泌されることばかりやっていると社会復帰するのに苦労するのでほどほどにすることをオススメします。

ツーリング等で止むを得ずアドレナリンを分泌してしまうことを除き、激しい運動のしすぎにはくれぐれもご注意ください!さっリハビリがてら動画でもみようかな 笑。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA