【JALシティ羽田・はるほろ@穴守稲荷】限定スープカレーが絶品!

最近帰り道でJALシティ羽田はるほろさんのランチメニューを見るのが楽しみになっています。

基本的に週替わりでいくつかのメニューが変わります。しかも変わるメニューが毎回美味しそうなんです。

今回は東京では珍しいスープカレーがラインナップされていました。

以前北海道の企業に勤めており、北海道ではじめてスープカレーを食べた時にとっても感動したのを覚えています。

東京ではなかなかスープカレーを食べることができないので、たまにスープカレーの文字を見ると心ワクワクして食べたくなっちゃいます。

いつもお料理が美味しいJALシティ羽田はるほろさんなのでスープカレーも期待大です。

迷わずスープカレーをオーダーだ!

この日は12時40分くらいにJALシティ羽田に着き、いつもよりもお客さんが入っていましたが待つことなく座ることができました。もう何回も来ていますが、ランチタイムでも4人までのグループであれば待つことなく座ることができると思います。

本日はスープカレーを狙い撃ちで来たので、迷わずスープカレー(1200円)をオーダーしました。

はじめにサラダが運ばれてきます。おっ?!これはヨーロッパアルプスのツーリングのときに食べたイタリアンサラダ!だと分かりました。

きっと前と同じサラダかも知れませんが、新しいものを知り、今までのものが違う視点で見られるようになったのかも知れません。

そしていよいよメインのスープカレーが運ばれて来ました!

見るからに熱そうなポットに入ったカレーですが、見た目通りかなりホットです。

早速一口食べると…おーー美味しい!!でも北海道のスープカレーじゃない。とっても複雑な心境です。とっても美味しいけど、知ってるスープカレーではない。。食べてるうちに分かったことは、弱めのココナッツが入っていてタイカレー風に仕上がっているということでした。

具材は白身魚、ブロッコリー、ジャガイモ、かぶのとてもシンプルな具材でした。

ちょうどタイカレーと北海道スープカレーの中間にあるスープカレーといったところでしょうか。このカレー本当に美味しいですが、週替わりメニューなので、きっとまた食べることのできない幻のカレーになってしまうんでしょう。とっても残念です。

スタッフの方に聞いてみた

少し遅めのランチでスタッフの方に声をかけても迷惑にならなそうだったので聞いてみたいことをいくつか質問してみました。

Ken兄「なぜ今回の週替わりはスープカレーなんですか?」
スタッフさん「はるほろではシェフが直接三崎港まで魚の買い付けに行っています。今回新鮮な魚が多く取れたので魚の出汁を生かすためにスープカレーをメニューに加えました」
Ken兄「シェフが直接買い付けに行ってるんですね!すごい!!どれくらいの頻度で行っているんですか?」
スタッフさん「だいたい2日に1回行っています。今回のスープカレーはレトルトの香辛料を一切使わず、シェフが丁寧に魚のアラなどを裏ごしして、調合したスパイスを入れて手間隙かかったカレーなんです」
Ken兄「なるほど、カレーがとても美味しい理由がとても良く分かりました!ちなみにいつまで提供しているのですか?」
スタッフさん「夏の暑い期間中はスープカレーを引き続き提供しておりますので、是非またお召し上がりください」
Ken兄「ありがとうございます!是非また終わる前に来たいと思います。夜も提供されているのですか?」
スタッフさん「いえ、大変申し訳ございあませんがランチのみの提供となっております」
Ken兄「そうですか、ではまたランチを食べに来ます!お忙しところ時間頂きありがとうございました。」

感想

ということで今日はスタッフさんからも色々なことを伺うことができてとても充実したランチとなりました。

予想していたところとは別のベクトルに向かう予想外の展開はとっても嬉しいです。あー、こういうアレンジもあるんだなぁという新しい気づきがありました。

JALシティ羽田はくほくさんは毎回来るのが楽しみなとっても素敵なレストランだと思います!

羽田空港近くにお越しの際は是非JALシティ羽田はくほくさんで素敵な時間を過ごしてみては如何でしょうか?

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

JALシティ羽田はるほろの詳細はこちら。

関連ランキング:ダイニングバー | 穴守稲荷駅整備場駅天空橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA