自分に与えられた「書くことが好き」という能力に感謝して、改めて文章を綴る楽しさを知った日。

きっかけ

僕は文章を書くことが好きです。書いてて本当に楽しいなって思います。でも小学生の時は国語が嫌いで作文も苦手だったことをよく覚えています。

はっきりした答えがでる算数とは異なり、文章は人によって感じ方や捉え方が違うのになんでマルとバツで判断するのか理解できませんでした。国語で今でも覚えているのは”いろはにほへと”と”徒然草”くらいです。

文章を書くことが面白い!って社会人になって気がついた

仕事の関係で文章を書く機会が増えて、どう書いたら読み手に理解してもらえるだろう?とかどう書いたらうまく伝わるだろう?ということをよく考えるようになりました。

自分が思った通りに読み手が理解してくれた時は嬉しいというよりもホッとすることの方が多い気がします。正確に理解してもらえないと色々と問題が発生するからだと思います。

そういう環境もあって、自分の書きたいことを自由に書けるブログって僕にとって最高のリフレッシュ時間です。もちろん自分の伝えたいことをどう書いたら伝わるだろうって考えて書くことに変わりはありませんが、自分の考えを素直に書ける自由な空間はホントにありがたいなぁって思います。

自由に文章を書ける能力は当たり前じゃない

今は当たり前のように自分の伝えたいことや書きたいことを自由にブログを通じて発信していますが、これって当たり前じゃないよなぁって最近気がつきました。自分で気がついたといよりもいつもとてもお世話になっている方と話をしている時に気がつきました。

今までの環境で培ったものも少なからずあるとは思いますが、元々与えられた能力がなければ、こんなに自由に色々なことを書くことはできなかったと思います。他者の能力を羨むよりも自分に与えられた能力に感謝し、謙虚にその能力と向き合うことって意外とできていないなって思いました。きっとこれ以外にも自分が気がついていないことってたくさんあるんだろうと思うとワクワクします!

色んなことに感謝すると今まで見えなかった自分がある時パッと見える時がきます。今まで見えなかったものが見えるようになるとまた違った自分に出会い成長のきっかけになると思います。

今の当たり前に少し向き合って新しい自分も発見してみてどうでしょうか?

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA