ムルティストラーダ1200Sのシフトペダルがもげらっちょ、ハンドガードももげらっちょ、フロントフェンダーまでもげらっちょした筑波サーキット走行会!みんなにイジられまくってムルティ共々最高に楽しかった1日

ヨーロッパツーリングでオモローな仲間達と出会って、かなりワンダホーな世界が広がりました。

そんでもって、今回は筑波サーキットをムルティストラーダ1200Sで走って来ました!

1年前の自分が今の自分を見たら腰抜かすぐらいの変わりっぷり 笑。

沢山の仲間との出会いで人生ってすんごく面白くなるんだなぁと思いました。皆さん本当にありがとうございます!感謝!!

ということで、はじめてのサーキット走行の様子をレポートしたいと思います。

あっ?!ちなみにまだ日本でツーリングしたことなくて、ツーリングよりも先にサーキット走行するというハチャメチャっぷりが我ながらいい感じだなと思っています。

まず準備だぞい

今回のサーキット走行のために以下のアイテムを準備しました。
ヘルメット(新調)
ブーツ(新調)
・グローブ(既存)
・インナー(既存)
・ツナギ(レンタル)

意外と揃えるものは少なかったです。これからサーキットを本気で走ることになれば、プロテクターやツナギも買おうと思いますが、今回はサーキット走行が楽しいかどうかを判断する意味合いもあるので、必要最低限のアイテムとしました。

プロテクターなどを装備しない代わりに無理はしないようにしました。心にリミッター!そんな事言ってますがちょっと楽しみすぎちゃったんですけどね 笑

サーキット行くまで結構遠いんだなぁ

筑波サーキットは茨城県下妻市にあります。高速道路を使って自宅から1時間半かかりました。

走行会は初級から上級まであり、体験走行クラス以外は走行前にブリーフィングを受けなければなりません。僕は中中級というクラスにエントリーしたので7時からのブリーフィングにでなければなりませんでした。

さらにクラッシュした時に飛散する可能性のあるガラスやプラスチックにテープを貼って車検を通します。

7時に到着するために余裕を持って、4時半に家を出ました。4時起床なので、朝はかなり早いです。僕は平日もこんな時間に起きているので、いつも通りですが 笑

さて色んな準備をおっぱじめるぞ!ブリーフィングって結構大切ですよ!

7時からブリーフィングがあり、コースの走り方、フラッグの意味、注意事項などの説明がありました。結構知らないことばかりで40分のブリーフィングがあっという間に終わりました。

一緒のクラスで走るクッキーさんはギリんちょで到着のため、建物の真下にバイクを駐車!まじセーフ

「間に合ってよかったわー」とつぶやきながらテープ貼るクッキーさん。哀愁が・・・笑

ブリーフィングが終わった後は自分の走行時間まで仲間の走りをスタンドで見学したり、お散歩したり、ご飯食べたり、みんなとワイワイおしゃべりしたり、とっても楽しかったです!

ツナギはディーラーの方が用意してくれていたので、トイレにある更衣室でもぞもぞ着替えをしました。以前に紹介してもらって試着したBERIKのツナギよりも窮屈感がありましたが、レンタルなのでしゃーないですね。

さあ走行開始の時間だぞー!!チュドーン・・・

この日、中中級は20分×3本の合計60分の走行時間がありました。

はじめは20分短いなぁと思いましたが走ってみて分かりましたが、20分を集中して走ると結構疲れるためむしろ20分で良かったなぁと思いました。

はじめの1本でやらかしちゃったんだなぁ

さて初めてのサーキット走行がどんなもんなのか分からないので、かなり抑えめに走り始めました。最初の2周は先導車がいるのでコースを完熟してバイクを温めていました。

先導車が抜けて3周目はまだ慣れていなかったのでボチボチ走っていました。コースのどのラインを走って良いのか分からず手探りで走行していました。途中からDUCATI大田店店長の原田さんが前を走行してくれたのでラインが分かるようになり、走れる準備ができて来た矢先に4週目の第一コーナーでコースから飛び出してスポンジボブにごっつんこしました・・・。全部の状況が見えていて、「あっ!?あーー、行っちゃう行っちゃう」バフって感じでした。

スピードを落としきれていなかったのが原因でした。低速コーナーのおかげもあってスピードがあまり出ていなかったので僕に怪我はなく、ムルティが少し壊れる程度でした。ムルティさんごめんなさい。。こんな程度で本当にラッキーでした。何よりこれがネタとなって仲間が全力でイジリ倒してくれたのが嬉しかった 笑

このクラッシュでフロントフェンダーもげっちょ、左のハンドガードもげっちょ、左のカウルに傷がついちゃいました。

2本目はビビってサーキットの中でツーリングしちゃったよ

1本目のクラッシュの印象が強かったので、2本目は結構ビビりながらゆっくりしたスピードで走りました。スピードコントロールが原因なのかムルティのグリップが原因なのか、ちゃんと自分の頭の中で整理できていなかったこともあり、2本目は完走することを目標に走りました。

最後の2周目ぐらいで、やっぱり自分のスピードコントロールが原因でムルティにはなんの問題もないことが走っていて分かったので、少しペースを上げてコーナーを曲がったのでバイクを倒しすぎてシフトペダルが曲がってしまいました。。

走っているときは気づきませんでしたが、3本目を走る直前にペダルが変な方向を向いていたのに気づきました。

さあいよいよラスト3本目だよー!サーキット満喫したよ

2本目をツーリング走行したおかげでサーキットのレイアウトは完全に頭の中に入ったので、あとはラインどりをどうすれば良いかだけでした。この日は結構クラッシュしている車両が多かったので、2周は無理せずウォームアップすることにしました。

4周目?まではホワイティ ムルティ兄のクッキーさんと一緒に走っていたのですが、途中でコースアウトしてしまい僕一人になったので今日の走行会は終わりかと思った矢先、後ろから原田さんが「コイコイ!」してくれたのでコースラインを先導してもらい最後にかなりペースを上げて楽しく走ることができました。改めてコースのラインどりって大切だなぁと分かりました。

コイコイ原田さん

タイヤは縁まで使用し、ペダルが曲がるくらい寝かせて走ったので、ムルティのサーキットの限界を知ることができました。もっと早く走ろうと思うとスーパースポーツ系のバイクになるのかもしれませんが僕はムルティでうまく走ることの方が魅力を感じるので、このままで行こうと思っています。

色々削ったり、

シフトペダルがもげっちょしてしまったので、ワンオフのペダルを作ってもらい無事家まで帰ることができました。原田さんありがとうございました!

みんなのブログ愛が止まらない!

オモローなバイク仲間達は僕のブログを読んでくれているので、もうブログのネタの提供のしてくれ方がハンパないです!本当に幸せだなぁって思います!

ブログ書いてなかったらクラッシュした人をこんなにイジること多分しないです。普通なら「体大丈夫?バイク大したことなくてよかったね」ってところが「よかったじゃん!今日のブログネタすごいできたじゃん」という感じ 笑。もうね「お客様の中で誰か、僕の体を心配してくれる方はいらっしゃいませんかー」って聞こうかと思っちゃいましたよ 笑。

でもホントこんな良い仲間に囲まれて幸せだなぁって思います。

どうかKEN23のブログネタが増えますようにって祈ってくれる人や

また第一コーナーで楽しいことやってくんないかなぁって佇む人や

着替えに必死な人達や

いつも笑顔が素敵な人や

次は2ヘヤでネタ作るんじゃないのと考えてる人がいました。

もう本当に最高の仲間と巡り会えてあざーーっす!!!

デコられたムルティさんと写真を撮って頂きました。仲間が壊れた箇所にわざわざ矢印を貼ってくれて「画像編集しなくて済むね」ってドンだけ優しいんだよ 笑。

そしてこの日一番好きなのがこの写真!みんなの笑顔が本当に輝いていて最高!!

ちなみにこのデコのまま帰宅したのですが、信号で止まった時に横のトラックのお兄さんが笑いながらGoodサインくれました。チンク乗っていると動画撮られたり、外人さんからExcellentと言われたりしますが、まさかムルティで誰かと通じるとは思わなかったのでとってもラッキーでした!

みんなの走り色々!

他の仲間は他のクラスで筑波サーキットを満喫していました!みんなも楽しんでたなぁ!

おっと挿入する写真間違えた 笑

感想

今回は初めてのサーキット走行会に参加して、筑波サーキットを満喫したお話をご紹介しました。

文句なしに面白い!!林道とどっちが面白いかと言われれば、んー、迷うなぁ、やっぱり林道かな 笑

林道で色んなスキルを磨いて、サーキットでスキルアップを確認するのが1番面白いかもしれない!

久しく林道に行っていないので、次は林道に行きたいなぁと思っています。林道で体力が持たない可能性もあるので、ポンコツな自分に凹むかも。。まあそれもしゃーないですね。

まだまだ自分の知らないバイクの楽しさがあるなぁと実感したので、これからも色んなことにチャレンジしようと思います。

いやーしかし楽しかったなぁ、一緒に楽しめる仲間がいるって大切ですね!改めて素敵な仲間に感謝!!

はじめて筑波サーキットの走行会に参加する人の参考になるか分かりませんが、この記事がブログを始めるきっかけになれば幸いです。えっ?!そっち?

お後がよろしいようで。

筑波サーキットを走った時の写真展はこっちでやんす

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA