全カテゴリー(サイトマップ)

選択肢多くして迷う!ことがない自分を分析してみた。

あんまり意識した事がありませんでしたがレストランやショッピングの時に結構迷わず注文したり、迷わず物を買ったりします。

食べるの大好きだし、ショッピングも好きだし、あれこれ迷いそうなんですが、サクサク決める事ができます。

一緒に誰かとゴハンに行くと決めるのが早すぎて一緒に行った相手にプレッシャー与えてしまっているみたいで申し訳ない気持ちになる事がたまにあります。

好きなものばかり選んで偏っているのかと思いきや、色んなメニューを頼むのでそんなことはありません。

沢山選択肢があっても、んーどうしようと迷う事がほとんどない自分の頭の中を分析してみることにしました。

冒険が好きな性格が選択する時の役に立っているのか?

もともと色んなことにチャレンジする事が好きなので、同じレストランでご飯を食べる時は同じメニューを頼まないように意識しているかもなぁと思いました。最終的にそのレストランで美味しいメニューを見つけると逆にそれ以外は食べなくなることもよくあります。結構極端です 笑

社会人になって1年目で一人暮らしをしていた時に乾麺のうどんを茹でて大根おろしとかぼすポン酢をかけて食べるのにハマって8ヶ月くらい毎日夕飯にそれを食べ続けた事があります。ある日突然体がそれを受け付けなくなりパッタリ食べなくなった事があります。その生活をしていた時は何かを選択するという行動が億劫に感じていたので、今とは逆の状況でした。

このときの経験で同じものをずっと食べ続けるのって体に良くないことは冷静に考えればわかりそうな事ですが、若気の至り、、、20代に学んだそのことも今色々なメニューから自分が食べたいものを躊躇なく頼める一つの要因かもしません。

でも自分の中で1番の理由だと思うのは、一度っきりの人生だから色んな体験をしたいと思う気持ちが大きな原動力となっている気がします。

新しいものや新しい事との出会いって面白くて、とってもワクワクします。

知ってる事をやる、あるいは食べたことのある物を食べることは、安心感と引き換えに感動やワクワクを自ら手放してしまっています。

新しいことをチャレンジすることはリスクを取ることでもありますが、日々の生活でチャレンジする事に対するリスクなんてたかが知れてるので、積極的になんでもやってみると良いと思います。

まとめ

今回は沢山の選択肢がある中で迷わず何かを選選ぶことができる自分の頭を分析してみました。

書いていて気がつきましたが、僕はリスクに対する許容値が結構大きいです。

極端な話、命さえ落とさなければ新しいことにチャレンジすることに躊躇いはありません。

いつも行くレストランでいつもと違うものを食べたって命を落とす事はありません。仮に今まで食べたことがないメニューを注文し、それがイマイチだったら無駄なお金を使ってしまったと思うかもしれません。しかし、食べてみなければ分からなかったし、それを食べたことで学べたことがあると思うので、結局チャレンジすることで損することなんてありません。

新しいことにチャレンジするリスクを明確にすると新しい事にチャレンジするハードルがぐっと低くなります。ハードルが低くなれば何でもやってみようという思考に切り替わって、沢山の選択肢からでも選べるようになると思います。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA