全カテゴリー(サイトマップ)

20年ぶりの床屋さんに行って感動した!「どういう髪型にしますか?」から解放された日。蒲田にあるNICOが最高だった。

フランスで地元の美容室に行けるくらい髪を切ることにこだわりがなかった僕ですが、20年ぶりに床屋さんに行き、髪を切ってもらうことは癒しだと知り感動しました!

そして分かったことは、今まで髪を切ることにこだわりがなかったのではなく、髪を切ってもらいたいと思う人に出会えていなかっただけなんだと分かりました。

今回友達の友達に紹介されて京急蒲田駅から徒歩5分のところにある床屋さん「NICO」に行きました。

とってもお洒落な店構えで僕がいつもイメージする床屋さんとは違う雰囲気でした。

率直なコメントがとっても良い

席に座り、普通の美容室と同じように「どういう髪型にしますか?」と聞かれました。

美容室に行き始めて20年以上経ちますが未だに自分に合う髪型が何なのかよく分かっていませんでした。はじめて来た床屋さんですが店長さんがとても良い人そうだったので思い切って聞いてみました。

KEN兄「どんな髪型が似合いますかね?」
店長さん「いつもどんな髪型にしてますか?」
KEN兄「くせっ毛なので短くしてるんですけど、長くなるとシチサンにしてます」
店長さん「くせっ毛だから短いのは厳しいですね。“今はできないですけどトップをもっと長くして横を短くする”とくせ毛を生かして動きが出ていいですよ」
KEN兄「おー!なんか良さそうですね!それでお願いします」

今まで「全体的に短くして下さい」とお願いしていて、自分に似合いそうな髪型を提案してもらうことがありませんでした。でもNICOの店長さんは“今”ではなく、少し先のイメージを示して提案してくれたのでこちらのことを色々考えてアドバイスしてくれているのが伝わってきて、とても嬉しかったです。念のため書きますが、今までの美容師さんがダメという訳ではありません、お客さんの要望に合わせて髪を切るということは美容師さんとして当然のことで、僕の要望に対して応えてくれていました。

床屋さんの熱い想いが素敵だった

髪を切ってもらいながら色々お話をしました。いつもだったらあまり美容師さんと話をせずに黙々と切ってもらうのですが、今日はなんだか店長さんと話がしたい気持ちになったので、話しかけてみました。

美容師さんと床屋さんの違いは何ですか?

資格で言えば、床屋さんはカミソリを使えるけれど、美容師さんは使えないそうです。初めて知りました。

店長さんはとっても重要なことを言っていました。

床屋さんはお客さんが癒されに来るところ、美容室はヘアスタイルを作るところだと。

その言葉通り、僕は20年以上ぶりに来た初めての床屋さんにもかかわらず、顔をカミソリで剃ってもらっている時に気持ち良すぎて寝てしまいました。店長さん本当にすごい技術です。

床屋さんですごい技術を持った人は沢山いると言っていましたが、店長さんもかなりの技術を持っていることは間違いなかったです。

この癒しでこの値段は安すぎる!

シャンプーして、髪を切ってもらって、顔を剃ってもらって、今度はしっかりシャンプーしてもらって、マッサージまでしてもらって1時間30分くらいで心が癒されたのに4000円って安すぎです。

顔を剃ってもらいに行くことができるのか分かりませんが、とにかく値段以上の満足感がありました。

感想

20年以上ぶりに行った床屋さんに癒されたお話をご紹介しました。

心を癒されに行くのに床屋さんは最高の場所ということを発見できました。

小さい頃に床屋さんに行っていた人は、昔の感覚と共に床屋さんってこんなに良かったんだ!!って気がつくと思います。

蒲田にあるとても素敵なNICOでの出来事でした。混んじゃうとなかなか行きにくくなりますが、それよりもこの素敵な店長さんのテクをみなさんにも是非味わって頂きたいです。

自分の髪型ってどういうのが良いんだろう?とお悩みの方は是非行ってみては如何でしょうか?

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

蒲田にある床屋さんNICOの場所はここです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA