全カテゴリー(サイトマップ)

知らないことはできないことではないという意外と気がついていないことのお話

先日チンクの整備をしていて、「えっ?意外と簡単じゃん」と気がつく体験をしました。

それまで自分がやり方を知らなかったというだけで、自分にできないことだと思い込んでいました。

その時、知らないことって、自分で想像を膨らませ過ぎて、自分ができないと思い込もうとしているだけなんじゃないか?ということに気がつきました。

誰でもやり方を知らなければ、難しいと思うのは当然です。

でも難しいと思うこと、できないだろうと思うことで、自分にブロックをかけていることって実はとても多いんじゃないかと思います。

人それぞれ得手不得手があるので、知らなくて、やってみて、やっぱり難しかったのであれば、無理して続ける必要はないと思います。

大切なのは知らないことを難しいと決めつけずに、まずは何でもやってみることからはじめのがいいという事です。

ひとつ注意が必要なことは、単に出来ること、上手に出来ること、どちらを目指すのかをしっかり決めておく必要があるということです。

例えばケーキを作るとき、普通のケーキを作るのであればハードルはそんなに高くありませんが、一流のパティシエと同じ品質のケーキを作ろうと思うとかなり難易度は上がります。

ケーキを作ってみたいのに難しそうだからやらなかったというのであれば、前述したようにやり方を知らずに難しいと思い込んでいたことをやってみて、「なんだ!できるじゃん!」と気づくことができると思います。

しかし、パティシエと同じ品質を求めた途端にハードルは一気に高くなり、「なんだ、やっぱりできないじゃないか」ということになります。

何でもそうですが何を求めるかのよって、やり方も考え方も変わってきます。

知らないことに対して、自分ができそうなことから少しずつやってみて、「おっ?!なんかできそうだ!」と分かれば、もっとハードルを上げてより良いものを目指して行けばいいと思います。

まとめ

今回は知らないこと=できないことではないですよというお話をしました。

知らないことにチャレンジするために、できそうなことから試してみると良いですよというお話もしました。

お金が無尽蔵にあれば、全てをプロに任せるという方法もあるかもしれませんが、何も知らずにお金だけ払って成果物を受けて取るとっているといずれつまらなくなります。

知らないことにチャレンジして色んなことを知ることに人生の醍醐味があるんじゃないかと思います。知らないことを知ろうとするワクワクドキドキ感って大切だと思います。週刊誌の袋とじ的な笑(ちょっと違うけど)。

なんか難しそう、自分じゃできなさそうと思っていることに是非チャレンジしてみては如何でしょうか?必ずその後に良い変化が起こっていると思います。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA