全カテゴリー(サイトマップ)

今なら分かる「繊細に、そして大胆に!」という高校の時の部活のスローガンに隠されたプロフェッショナルになるためのヒント

僕は高校の時にハンドボールというとってもマイナーな競技をやっていました。

ハンドボールというと「あー、サッカーみたいあな、あれね!」とか「あー、野球みたいな、あれね!」とか「あー、プールの中でボール投げる、あれね!」、いやそれ水球だけどね、、、みたいなことを何度となく聞かれてきました、どーもKEN兄です。

で、ハンドボールって?バスケットコートに小さくしたサッカーのゴールを置いて、ゴールの多さを競い合う競技です。ハンドボールはみなさんがイメージしている以上にコンタクトが多い競技で、見てもプレーしても面白い競技です。

今もそうですが、僕はかなりのパワープレーヤーでコンタクト大歓迎な人でした。一方で細かいプレーが苦手でよく監督に怒られてました。今の時代ならニュース沙汰になるような指導は日常茶飯事でした 笑。

当時は“パワーは全てに勝る”と信じていたのでウエイトトレーニングをかなり積極的にやっていました。コートが小さい事が奏功してパワーでも繊細なプレーヤーに華麗に抜き去られることはあまりありませんでした。

で、社会人になった今はどうか?

今も求心力を持って「みなさーん!こっち行きますよー!」っというスタイルはあまり変わっていません。同様に繊細さもイマイチ。。

そして最近、繊細さを磨くことで今の仕事をより品質の高いものにできるじゃないかと思うようになりました。

ほほーう、なるほど、高校の時に部活で掲げていたスローガン「繊細に、そして大胆に」ってそういう意味だったんだと10年以上経った今になってはじめて分かりました。

大胆さの中でも、よーく見ると「おっ?!ここまでやってるんだ!」っというちょっとした感動が自分の仕事を次のステージに上げるために必要不可欠だと実感しています。それは今の仕事の完成度において80点90点の出来はがむしゃらにならなくても取れるようになったからです。

たかが10点されど10点、この10点の大きさが“プロフェッショナル”か“ただ仕事ができる人”かの違いだと思います。

丁寧な仕事をより丁寧に、当たり前をより当たり前に出来るように自分を引き上げていこうと思います。

合言葉はもちろん「繊細に、そして大胆に」

Move on to the next stage!!

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA