旅の準備は遅くとも1ヶ月前までに済ませておいた方がイイのかどうか考えてみたというお話。

小学生の時、夏休みの宿題は早々と終わらせていたのに、旅の準備はいつもギリギリになっちゃうのはなぜだろうと考えて、もしや育った環境に大きく影響されているんではないか、、、どーもKEN兄です。

僕が小さい頃、僕の母親も結構はちゃめちゃな旅をしていました。

かなりアバウトに行きたい場所を決めて、スーツケースに暑いところでも寒いところでも行ける準備をして、空港に行って、空席がある飛行機に乗って、海外へレッツゴー!みたいなのが当たり前でした。

当時どこでもインターネットを使える環境はもちろんなかったので、行き先が決まった後にインターネットでササッと予約を取るなんてことはできませんでした。

到着した目的地の空港で片っ端からホテルに電話して、空いているホテルにレッツゴー!みたいなのがこれまた当たり前でした。そんなわけで、ホテルは当日しか取れないんだという僕の誤った認識が形成されたのはこの頃でした。

中学の修学旅行の時に「先生達もこの人数を当日探すって、かなり大変だなぁ」って本気で考えてました 笑

そんなこんなで、事前に準備をして旅をするという概念が存在しない家庭で育った結果、旅は行きたいと思った時に行く!という一風変わった思考に繋がっているのは疑う余地もありません。

どこかの旅行会社が行き先の分からないミステリーツアーを売り出していましたが、我が家ではミステリーが日常茶飯事なんですが、、、って思いました。

社会人になって出張の時、事前に予約を取って飛行機に乗る事を覚えましたが、今でも予約なくても行けるでしょ、って内心思いながら航空券を予約しています。事前に予約して乗る方法は安心ですし、楽なことは分かったのですが、飛行機に乗れないかも知れないというドキドキワクワク感も嫌いじゃないんですよねぇ。。

とはいえ、一般的に航空券を当日買うと高いですし、行き先が分かっていれば、荷物を必要最低限の量にできるので、事前準備はやっぱり大切です。

リュック一個で旅しようと日々チャレンジしてるのって、今までの反動だったのかも、、、

やっぱり荷物は少ないに越したことはないので、事前に予約して、旅の準備をして行くことが良いのではないかと思います。

書き終わってから気がつきましたが、大抵は事前に準備してから旅をするから、言われなくてもやってますけどって感じか…お後がよろしいようで

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA