全カテゴリー(サイトマップ)

チンクエチェント”500F”のアクセルがガッチガチになったらラスペネ(潤滑剤)で動きをスムーズにするのがイイですよ!

京浜島つばさ公園前のチンクエチェント

きっかけ

購入当初からアクセルのレスポンスが悪いなぁっと感じてはいましたが、普通の状態を知らなかった(チンクで普通という状態があるのか分かりませんが・・・)ので、今思えばアクセルのレスポンスが腰抜かすほど遅かったにもかかわらず、こんなもんかぁっと思って黙って文句もいわず乗っていました(好きで乗っているので、そもそも文句も出ませんが 笑)。

しばらくしてチンク乗りの方と知り合いになり、その方のチンクを試乗してあまりの乗りやすさになんじゃこりゃ?!と驚愕しました。アクセルのレスポンスが良いのはもちろんのこと、シフトするときにギアがスコンスコン入ります。もう別の車かと思いました。

アクセルってこんなに軽いのね!素敵!!

その方とチンク専門ショップで僕のチンクを見てもらった時に、ショップの方から「とりあえずラスペネさしとけ」といわれ、後部のエンジンカバーを開けてアクセルワイヤーのカバーの端からジャンジャン…ジャンジャンラスペネを注入しました。

注入後にアクセルペダルを何回か踏んでラスペネを奥まで行き渡らせると…アクセルがメチャ軽になるではありませんか!!スゲーっすラスペネ…

アクセルワイヤーの拡大図

感想

潤滑剤だけでこんなに劇的にアクセルの重さが変わるなんて本当に驚きました。定期的にラスペネさしときなと言われ、早速メルカリで購入しました。普通一本1800円ぐらいなんですが、たまたま安いものが出品されていたため1000円で購入できました。安い!!また買えるか分かりませんが…

ラスペネの缶

日常整備として潤滑剤を定期的にさすことって大切なんだと分かりました。ワイヤー類や可動部の動きが鈍い時はラスペネがオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA