大切な人へのクリスマスギフトをアマゾンで選ぼう

チンクエチェント“500F”のマフラーを再塗装してバンテージを巻き巻きしてみた

去年チンクの整備でやりたかった事があり、パーツがなかったので保留となっていたことがいくつかありました。

その一つが錆びたマフラーの再塗装とバンテージの巻き直しです。バンテージが途中で千切れてほつれていて見た目も熱対策的にも改善が必要だったので耐熱塗料の吹き直しとバンテージの巻き直しにしました。

年明け早々に作業ができるようにAmazonで耐熱塗料とバンテージを注文しており、帰国と同じタイミングで受け取るようにしておきました。そして無事に耐熱塗料とバンテージを受領できたので作業しました。

用意するもの

・耐熱塗料
・バンテージ
・焼きつき防止剤
・ステンレスブラシ

作業の流れ

1.エンジンカバーを外す

2.焼き付いてネジ山が潰れないようにラスペネをさして浸透させておく

3.マフラーとマフラーのステーを外す。

4.ステンレスブラシで錆を綺麗に落とす。

5.パーツクリーナーで脱脂する。

6.耐熱塗料でマフラーを塗装する。これを3回繰り返す

7.バンテージを綺麗に巻く。今回は足りんかったっす。。

8.マフラーを再度装着する。

9.エンジンをかけて問題ないか確認する。塗料の水分などが蒸発するため当分は煙がもくもくするらしいです。

感想

見た目が汚くて気になっていたマフラーとバンテージの巻き直しをしました。バンテージの巻き直しに苦労するかと思いましたが意外と簡単に巻けて、また一つできる事が増えました。

少しずつエンジン周りを綺麗にしつつ、今年は電気の引き直しもしたいと思っていますが、果たしてできるだろうか。。。

今年も色々ワクワクすることや楽しいことをやって行こうと思います。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

チンクエチェント“500Fのオイルフィルター掃除したついでにボルトをネジ切ったよーんというお話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA