全カテゴリー(サイトマップ)

靴磨きから学んだ。ものを長く使うことの大切さ

リーガルの大切な靴

きっかけ

社会人2年目の時に立ち寄ったリーガルショップでとても綺麗な革靴に一目惚れしました。それまで革靴は使い捨てするものだと思っていたので一度も靴磨きをせずに汚くなったら捨てることをしていました。

当時リーガルショップの店員さんは僕に革靴は長く履けば履くほど深みが出て良い靴になっていくんですよってことを教えてくれました。そのためには靴磨きも必要ですし、ソールを張り替えることが大切ですと言っていました。

革靴を磨くと色んなことが見えてくる

リーガルショップで見た革靴は当時の僕にとって結構大きな買い物でした。長く履こうと思っていたので頑張って購入しました。

リーガルの大切な靴

購入した後は、自分で靴を磨くようになり、自然と他の人の靴に目がいくようになりました。靴を丁寧に扱っている人、靴を使い捨てで履いている人。色んな人の靴に対する思いが見えてくるようになり、モノに対する思いって人それぞれだなぁって気がつきました。革靴を磨くのは楽しい時がほとんどですが、たまに面倒になる時もあります。

革靴を常に綺麗にしておくためには、こまめに手入れをしてあげなければならないので面倒なことが嫌いな人にはやや難解な作業かもしれません。裏を返せば靴が綺麗な人って仕事も細かいところまで丁寧にやっている人が多い印象を受けました(該当率65%くらいかな…)。

ちなみに僕は1週間に一回くらいなので、ぼちぼちな感じです…笑。靴磨き屋さんに頼んでいる人は別として自分で靴を磨いて綺麗にしている人って、仕事に対する姿勢も推して知るべし、なのかもしれません。

社会人2年目の時に購入したその革靴は今年で8年目になりますが、今もお気に入りの一足としてよく履いています。今まで何回ソール交換したか分からないくらい補修と磨きを繰り返しています。靴をずっと履くようになると退役がないので、増えるばっかりになってしまうため最近は革靴を購入しないようにしています。

トゥの拡大図
リーガルの靴のトゥの拡大図

ヒールの拡大図
リーガルの靴のヒールの拡大図

感想

靴が汚い人はみんな仕事が丁寧ではないなんてことはありません。一方で靴を綺麗に履いている人は仕事の細かいところに気配りしている人が多いように感じたので今回書きました。靴に対する価値観は人それぞれ違うので、綺麗じゃなきゃダメってことはないと思います(できれば綺麗に靴を履いてもらいたいですが)。

たかが靴ですが、意外と靴をさりげなく見ている人って多いと思いますし、靴を見て少なからず見た人の印象に影響を与えていると思います。せっかくなら綺麗な靴を見てもらった方が、お互い良い気持ちになると思います。試しに一足お気に入りの靴を購入し、長く大切に使ってみては如何でしょうか?きっと新しい発見があると思います!

大切な靴たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA