全カテゴリー(サイトマップ)

革ツナギはデザインとコスパ最強『ベリック(BERIK)』で決まり!

バイク用の革ツナギのメーカーってたくさんあり、どこのメーカーを買えばいいのか分からない。

特にサーキット初心者の方は、悩むことが多いと思います。
袖ヶ浦サーキット走行会でバイクのアクセル全開だ!【サーキット走行2回目】 ムルティストラーダ1200Sのシフトペダルがもげらっちょ、ハンドガードももげらっちょ、フロントフェンダーまでもげらっちょした筑波サーキット走行会!みんなにイジられまくってムルティ共々最高に楽しかった1日

この記事では、そんな悩んでいる方のために、デザインも値段もかなりお手頃なベリック(BERIK)をご紹介します。

『ベリック(BERIK)の革ツナギ』の値段

ベリック(BERIK)の革ツナギは通称”つるし”という、規格サイズの革ツナギがかなりお得です。

革ツナギは通常10万くらいしますが、ベリックはやすいもので6万くらいで買えます。

僕はお正月セールで買ったので4万くらいで購入しました。

『ベリック(BERIK)の革ツナギ』のデザイン

べリックは安いからといって、デザインがダサい分けではありません。

デザインもしかりかっこいいです。

ただし、べリックのアイコンでもある睨みのお目目が好きではないという人もいると思うので、好みは分かれるところだと思います。

メモ
デザインも大切ですが、サーキット走行に慣れていないと転倒する可能性もあるので、それを考えるとデザインよりも値段を重視してもいいのかなとも思います。

全体のビジュアルを参考に載せておきます。

ベリック(BERIK)の革ツナギの正面

ベリック(BERIK)の革ツナギの正面

ベリック(BERIK)の革ツナギのライディンポジション正面

ベリック(BERIK)の革ツナギのライディンポジション正面

ベリック(BERIK)の革ツナギの右側

ベリック(BERIK)の革ツナギの右側

ベリック(BERIK)の革ツナギのライディンポジション左側

ベリック(BERIK)の革ツナギのライディンポジション左側

ベリック(BERIK)の革ツナギの左側

ベリック(BERIK)の革ツナギの左側

ベリック(BERIK)の革ツナギの背面

ベリック(BERIK)の革ツナギの背面

『ベリック(BERIK)の革ツナギ』の着心地

革はちょうどいい柔らかさなので、ごわつき等はなく、とても着心地が良いです。

パンチレザーなので真夏でもかなり快適に着ることができます。

腰回りや腕廻りなどの可動部に丁度いい伸縮素材が使われているので、走行時に窮屈な感じもありません。

『ベリック(BERIK)の革ツナギ』のまとめ

この記事では、初心者におすすめなベリック(BERIK)の革ツナギをご紹介しました。

サーキット走行をどのくらいの頻度で走るのかにもよりますが、はじめのうちはお手頃な革ツナギで初めて、上達してきたらダイネーゼ等の上級ウェアに切り替えてもいいかもしれません。

サーキット走行を続けるか迷っている人には、ベリック(BERIK)の革ツナギが絶対おすすめです。

以上、KEN兄がお伝えしました。
サーキット走行会で使うアルパインスターズのS-MX PLUS BOOTSレーシングブーツが届いたので早速履いてみた ARAI RX-7Xのヘルメットを新調してムルティストラーダ1200Sでサーキット走行会にでるぞ 袖ヶ浦サーキット走行会でバイクのアクセル全開だ!【サーキット走行2回目】 ムルティストラーダ1200Sのシフトペダルがもげらっちょ、ハンドガードももげらっちょ、フロントフェンダーまでもげらっちょした筑波サーキット走行会!みんなにイジられまくってムルティ共々最高に楽しかった1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA