全カテゴリー(サイトマップ)

『旧チンクエチェント500』のサーモスタット交換とサーモケースの再塗装をしてみた。

チンクさんは一定の温度になると口がパクパク開いて、熱い空気を車内に流し込んだり、エンジンルームにブワァーって吐き出したりします。

我が家のチンクさん、只今絶賛顎関節症を患っており、常に口がパカって開きっぱなし。。

かわいそうだ。。

加えて空気が漏れて、車内に行くはずのHot airが漏れてしまっているので、熱い空気はくるものの、少し弱めです。

ということでサーモスタットを交換してあげて、しっかり口が閉まるようにしたいと思います。

手順

  • STEP.1
    サーモがくっついてるカバーを外す


  • STEP.2
    てっぺんのボルトを緩めてサーモを外す

  • STEP.3
    新しいサーモを取り付ける


  • STEP.4
    しっかり排気口が閉まっているか確認する
  • STEP.5
    エンジンが温まった後に排気口が空いていることを確認する

今回は一緒に再塗装もしたぞ

サーモカバーの塗装がバキバキに剥がれて、あまりにもかわいそうだったのでサンドブラストをかけて、プライマー吹いて再度塗装し直しました。なかなか塗装が難しくてムラムラしちゃいました。。

まとめ

今回はサーモの交換についてご紹介しました。

しっかり排気口が閉まることによって、車内の暖かさは良くなった!ような気がします。今までも結構暖かかったので、思ったほど違いが感じられなかったのかもしれません。

何事もやってみなければ分からないので、今回も交換してみて良かったです。

さて、次は何をしようかな?とか言いながらもう次やりたいこと決まってるんです!

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA