全カテゴリー(サイトマップ)

人生は遠回りが面白い!遠回りは無駄じゃない

業務改善プロジェクトをやっていると効率化やムダを排除するムダ排が何度も出てくる。

仕事におけるムダはコストに直結するので、できる限りムダをなくすことは当然といえば当然。

しかしこれを人生に置き換えるとやや違ってくる。

人生においてムダはあるだろうか?

同じ過ちを繰り返すこと、これはは本人以外の周りから見ると一見ムダに見えるが、本人はその中から何かを見いだし学びや気づきを得るためにしていることなので、周りから見たらムダかもしれないが本人にとっては学びの過程であり、全くムダではない。

遠回りも同じだ。

例えば、昔峠道でしか山を越えられなかった道にトンネルが出来て効率的に短時間で山を越えられるようになったとする。

トンネルができたにもかかわらず、相変わらず峠道で山を越える人を見たら、多くの人は遠回りしてムダだなぁと思うだろう。

しかし、本人が運転技術を向上させるために峠道をあえて選んでいると分かったらどうだろうか?それが100%ムダとは言い切れないだろう。

トンネルを使えば時間短縮にはなるが、短縮した時間をどう使うかがはっきりしないのであれば、峠道を走って沢山の学びや気づきを得る方が得策である。

人生も同じだ、周りから見たら遠回りかもしれないけれど、自分が何かに気がつき何かを学ぶのであれば決して無駄ではない。

むしろ人生は多少遠回りしたほうが面白い、色んな経験をして、色んなモノの考え方や見方ができる。

たくさん経験した人とそうでない人は、同じ問題に直面した時に、解決するための選択肢の数が違ってくる。

そもそも多く経験していれば、問題を回避するという選択肢もあるかもしれない。

学びや気づきの数だけ人は成長する、だから遠回りしたって良いじゃない!とこう思う訳である。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA