全カテゴリー(サイトマップ)

心の速度に体を合わせる意識。心の動きはそんなに早くないんだよ。

駅のコンコースや街ゆく人が忙しなく歩く姿を見て、心がポッカリ抜けているって感じます。

なぜだろう?

なぜそこに人はいるのに人の心がいないように感じてしまうのだろう?

それはきっと心が置いてけぼりになってしまっているからかもしれません。

心は繊細で動く速さはとてもゆっくりです。

時間に追われて、体の速度ばかりが速くなってしまい、心が体から離れてしまっている。

だから、忙しなく動く人の心がポッカリ抜けているように感じるんだと思います。

心と体は一心同体、まさに書いて字のごとく。

心が疲れているのであれば、体の速度を緩めてあげて、心と体を一緒にしてあげるのが良いのかもしれません。

世の中は疲れている、それは単に体の速度が速すぎるだけなのかもしれません。

もっとゆっくり、歩く速度を緩めてみては如何でしょうか?

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA