全カテゴリー(サイトマップ)

長男が父のエレクトーンの先生になりました。

週末に長男がエレクトーンで威風堂々を弾いていました。

長男の近くで「これ弾けたらかっこいいね」とポロっと言ったら

すごい食いつきっぷりで「僕が教えてあげるよ!!」

ということで長男がエレクトーンの個人レッスンをしてくれることになりました。

早速、威風堂々を教えてくれるのかと思いきや

長男「父がどれくらい弾けるのか知りたいからプライマリー(ヤマハの教科書)をどこまで弾けるのかテストするね」

・・・マジ?!威風堂々だけ弾ければ良いんだけどなぁ、っと思いつつ先生の指示に従って1曲ずつ引くことになりました。

右手でメロディーだけ弾く曲は何とか弾けましたが、左手で和音をつける曲は全滅・・・

長男から「父、意外と弾けるね、大丈夫だ」という、かなり上からなお褒めの言葉を頂き、まずは左手も練習することから始めることになりました。

レッスン中、長男からのボディータッチが激しくて、事あるごとにベチベチ体を触られました。

距離感が体育会系のノリなので、これが本当の生徒ならセクハラ先生だなぁ 笑、っと内心思いないながら距離感の近さがとっても気になりました。

そんなこんなで長男の熱気あふれる初回のレッスンが終わった翌朝にテーブルの上をみると手書きの入会申込書が置かれていました。かわいいじゃん

長男のやる気が怖いくらいに伝わってきたのですが、何が一番怖いって、入会金1おくまん円ってどゆこと?笑

しかも前もって偽札も受け付けますという心の広さ、、、ハチャメチャ過ぎてこの先生大丈夫か?と思いつつ、威風堂々は弾けるようになりたいので、長男の生徒となることにしました。

はてさて、今年中に威風堂々が弾けるようになるのか?乞うご期待!

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA