【世界遺産・レーゲンスブルグ大聖堂@ドイツ】観光で行くならソーセージと旧市街地は絶対行くべき!

今日は夜行列車ユーロナイトで7時にミュンヘン中央駅に着きました。

ヨーロッパのアルプスをツーリングしてるぞ【-2日目】はこちら

夜行列車ではしっかり寝られたので、多少疲れを取ることができました。

とりあえず今日泊まるホテルに移動しました。チェックは15時からですが、早めにできるかなぁと淡い期待を持って行きましたが、やっぱり早過ぎてダメでした。大きな荷物を預かってもらい今日の予定を立てることにしました。

レーゲンスブルグ大聖堂に行こう!

ホテルの無料Wi-Fiに接続して、ミュンヘンの観光地を調べましたがなかなか良いところが見つけられませんでした。そんなときに僕がやるのが世界遺産検索です。ミュンヘンと世界遺産というキーワードで検索すると周辺の観光地がでてきました。

大学院の時にヴィース教会に行ったなぁと思い出に浸りつつ、探しているとレーゲンスブルグ大聖堂に興味が湧き行くことにしました。

ミュンヘン中央駅から電車(RE/普通列車)で1時間39分、ちょうど良い距離で電車賃も20ユーロと手ごろでした。

駅で朝食のカリーブルストを購入し、ホームに向かいました。ホームは駅のど真ん中にある電光掲示板で見つけることができます。

普通列車の乗り心地はまあまあ

今までにも何度か普通列車に乗ったことがあり、シートピッチがやや狭いかなぁと思うくらいで、そんなに居心地の悪さはありません。

レーゲンスブルグの街の雰囲気は?

電車で揺られること1時間40分のどかな雰囲気のレーゲンスブルグ駅に到着しました。駅にはロッカーがあるので、大きな荷物を持ち歩くことなく観光することができます。

駅のロッカー小さい方は24時間で2ユーロ

駅のロッカー大きい方は24時間で4ユーロ

矢印をご覧ください。矢印の先には・・・

謎の顔

最初は一番の目的であるレーゲンスブルグ大聖堂に徒歩で向かいました。駅からずっと真っ直ぐの道なので方向音痴の僕も迷うことなくいけました。大聖堂は駅から徒歩約15分の距離にあり、途中に色々な面白い建物を見ることができます。

街並みはイタリアのような雰囲気も漂っており、ドイツにいることを忘れてしまう瞬間がありました。

レーゲンスブルグ大聖堂はとっても落ち着く

今まで煌びやかな教会やとても悲しげな教会など色々な教会に行きましたが、レーゲンスブルグ大聖堂はちょうど良い光の加減と過度な装飾がなく、とても落ち着く雰囲気でした。椅子に腰掛けてしばし何も考えない時間がとても良かったです。

ドナウ川が意外と近くて驚いた

レーゲンスブルグ大聖堂を後にして、街の中を散策しているといつの間にか川にでました。

調べてみるとかの有名なドナウ川ではありませんか!一瞬だけ頭の中に美しき川よ〜♪のメロディーが流れましたがスメタナのモルダウと間違っていました 笑。ドーナウ〜♪ドーナウ〜♪ですね

ドナウ川にかかる石造りの橋が有名なようだったのでお散歩がてら渡りました。

レーゲンスブルグは見ていて飽きのこない素晴らしい街でした。なぜかアジアの観光客はほとんどいませんでした。ミュンヘンには沢山いたので、きっと他の有名な場所に行ってしまったのかもしれません。こんなに良い場所を空いている状態で見られるのは、レーゲンスブルグは穴場かもしれません。

インド料理屋さんでランチ兼ディナーを食す

海外にいると野菜が不足しがちになるので、意識して食べるようにしています。なんだかカレーと一緒に野菜を食べたくなったので、レーゲンスブルグの駅近くにあるインド料理屋さんに入りました。ここが大正解で、安くてとても美味しくて、さらに食べきれないくらいのボリュームでした。ベジタブルカレーを注文しましたが、なぜかソーセージも入っていたのが不思議でしたが美味しかったので問題なし!

ちなみに少額すぎるとお会計でカードが使えませんのでお気をつけ下さい。。

嬉しいことに無料Wi-Fiが使えます!

帰りの電車に乗り間違えてしまった・・・

ミュンヘンに帰るつもりが乗る電車を間違えて逆方向に行ってしまいニュルンベルクに到着しました。レーゲンスブルグ駅を出る時にしっかり電光掲示板の行き先がニュルンベルクであることを写真に撮って確認して間違えているのでどうしようもないおっちょこちょいです 笑。

駅を出た時の雰囲気が全く違うので、すぐにやっちゃった。。と分かりました 笑。

普通列車で帰ると2時間もかかるので、良い機会だからドイツの新幹線ICEに乗って1時間で帰ることにしました。値段は普通列車であれば20ユーロですが、ICEだと55ユーロになります。短縮される時間を考えるとコスパは悪くないです。

今度はしっかり電光掲示板にミュンヘンが表示されていることを確認し乗り込みます。

乗るとすぐに検札のために車掌さんがやってきます。チケットを渡すとハンコを押して返してくれます。

ICEは無料のWi-Fiも電源も使えるのでとっても快適です!SPEEDTESTで計測したところダウンロードが0.56Mb、アップロードが0.6Mbなので速度はそんなに早くはありません。

走行中に入口上部の案内板に走行速度が表示されます。写真を撮った時はトンネル通過時だったので速度が276kmでしたが、それ以外の部分は300kmで走行していました!速い!!

そして無事ミュンヘンに到着!束の間のICE楽しかったです。

感想

世界遺産といっても実はピンキリで、えっ?!なんでここが?という場所もあります。今回行ったレーゲンスブルグ大聖堂は世界遺産に選ばれるべくして選ばれたんだということが分かりました。もしミュンヘンに来て時間に余裕があれば是非行くことをおすすめします!

僕は次回ミュンヘンに来る機会があれば是非また行きたいと思いました。

今日の出費
電車代95ユーロ
ヘンテコな魚パン5ユーロ
カリーブルスト3.5ユーロ
ベジタブルカレーソーセージ入り6.8ユーロ
お土産24.07ユーロ
ホテル56.2ユーロ
合計 190.57ユーロ

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

おまけ

ドイツ洒落た電動自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA