全カテゴリーはこちら

『阿宗麺線@台北(食レポ)』の麺線は台湾で絶対はずせない人気おすすめグルメ!

taiwan_asomensen_grurmet_eyecatch

お腹一杯でもずっと食べ続けられるぐらい麺線が大好き、どーもけんにい(@KEN23_jp)です。

麺線って何?という方がほとんどたど思いますので、麺線について簡単ご説明をば。

カツオが効いた出汁に素麺とモツが入ったシンプルな食べ物が麺線です。

日本人が食べ慣れているカツオ出汁と素麺が食材として使われているので、初めて食べても、どこか懐かしさを感じる味だと思います。

台北市内に麺線屋さんはいくつかありますが、その中でも特に人気なのが阿宗麺線アーゾーメンセンです。

どの時間帯も多くの人で賑わっており、お店の前では熱々の麺線をふーふーしながら立って食べている人達がたくさんいます。

麺線はお箸ではなく、レンゲで麺をすくいフーフーしながら食べるのが正しい食べ方。

taiwan_asomensen_grurmet_6

レンゲで食す麺線

けんにい
慣れないと食べにくいかも知れませんが、パクパク食べてるうちにすぐに慣れちゃいます。

ということで、この記事では『阿宗麺線@台北』の麺線、外観、立地をご紹介します。

「阿宗麺線@台北」の立地・外観

MRT西門駅から徒歩4分くらいの場所にあります。

朝早くてもお客さんがたくさんいるのでお店はすぐに見つけることができます。

taiwan_asomensen_grurmet_1

お店の正面

メモ
この阿宗麺線、以前は士林夜市にもありましたが、現在は西門町の1店舗のみで営業しています。

「阿宗麺線@台北」の麺線

レジで麺線の大サイズ(70NTD=約210円)か小サイズ(55NTD=約170円)を注文します。

taiwan_asomensen_grurmet_3

レジで注文する

支払いが完了したら横のカウンターで麺線を受け取ります。

taiwan_asomensen_grurmet_5

カウンターで麺線を受け取る

大サイズでもペロリといけちゃうので、大サイズがお得でおすすめです。

taiwan_asomensen_grurmet_4

おかわりした小サイズの麺線

まずはそのままの麺線を存分に味わいます。

よく煮込まれたモツと素麺の相性は文句なしにうまい!!

半分くらい食べたら、酢、ニンニン、チリソースの調味料をお好みで追加して、違う麺線を楽しみましょう。

カツオのあっさり出汁の美味しさは、レンゲが止まる隙を与えません。本当に美味しいです。

日本でも麺線を食べられるレストランがありますが、やはり本場の味には敵わないなぁって思いました。

「阿宗麺線@台北」のまとめ

この記事では『阿宗麺線@台北』の麺線、外観、立地をご紹介します。

麺線は日本人にとても馴染み深い味なので、日本で流行っても良いかなぁと思いますが、B級グルメ感が強すぎて流行らないのかも知れないです。

日本でも同じ味が食べられたら、どんなに嬉しいか。。

逆に台湾に行った時にしか、本場の味を楽しめないからこそ、貴重なのかも知れません。

台北に行ったらぜひ足を運んで、麺線を堪能して、台湾グルメの多様性を楽しんでみてください!

以上、けんにい(@KEN23_jp)がお伝えしました。

お店情報
  • 店名:阿宗麺線(アーゾーメンセン)
  • 住所:台湾台北市萬華區峨眉街8之1號
  • 電話番号:(+886) 223888808
  • 営業時間:月曜〜木曜 10:30~22:30、金曜〜日曜 10:30~23:00
  • 定休日:無休
  • お支払方法:現金 / カード不可
参考 阿宗麺線食べログ

台湾旅行完全ガイド【まとめ】はこちら

taiwan_matome_gourmet 【まとめ】ガイドブックにも載ってない!台北に行ったら絶対食べたい台湾おすすめグルメ5選 taiwan_sangengo_gourmet_eyecatch 『三元號@台北(食レポ)』のルーロー飯とフカヒレスープが絶品!台湾B級グルメの定番! taiwan_syouronpou_syoushanhai_eyecatch 『小上海@台北(食レポ)』の小籠包は肉汁たっぷりで台湾No1.グルメ! taiwan_negimochi_eikougai_eyecatch 『天津蔥抓餅@台北(食レポ)』のネギ餅は台湾グルメの超人気メニュー! taiwan_taipei_breakfast_restraunt_eyecatch 『世紀豆漿大王@台北(食レポ)』は台湾の定番朝食グルメ『豆乳』がおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA