全カテゴリーはこちら

『三元號@台北(食レポ)』のルーロー飯とフカヒレスープが絶品!台湾B級グルメの定番!

taiwan_sangengo_gourmet_eyecatch

体の半分はルーロー飯でできています、どーもけんにい(@KEN23_jp)です。

ルーロー飯は、日本でいうところの牛丼以上にポピュラーな食べ物です。

ご飯の上に豚ひき肉を煮込んだ具をかけただけの本当にシンプルなご飯。

けんにい
シンプルなだけに丼の上に乗っかる具の味付けが美味しいさを左右します。

台北市内にルーロー飯屋さんはたくさんありますが、そんな中でも特におすすめなのが『三元號』です。

ルーロー飯以外にもスープがとても美味しいので、お腹に余裕があれば一緒に注文するのがおすすめ。

ということで、この記事では『三元號@台北』のルーロー飯、立地、外観、内観、メニューをご紹介します。

「三元號@台北」の立地

MRT中山駅から徒歩10分くらいの場所にあります。

「三元號@台北」の 外観、内観

お店の外観は老舗な雰囲気が漂っています。

taiwan_sangengo_gourmet_1

三元號のお店正面

お店の中は、とてもきれいで椅子やテーブルも他のお店とは違って、かなり立派なものが使われています。

taiwan_sangengo_gourmet_3

三元號の店内

とても清潔で整理整頓された大きいキッチンカウンターがとても好印象でした。

taiwan_sangengo_gourmet_2

キッチンカウンター

taiwan_sangengo_gourmet_6

盛り付け場所

「三元號@台北」のルーロー飯

さあ、お待ちかねのルーロー飯。

taiwan_sangengo_gourmet_4

三元號のルーロー飯

見た目がとっても地味で、見た目で損している料理だなぁって思います 笑。

でも一口食べれば、その美味しさの虜になること間違いなし。

大サイズと小サイズで10NTD(約30円)しか変わらないので、迷わず大サイズです!

ルーロー飯と合わせて注文したいのが、排骨湯(スペアリブスープ)と魚翅肉羹(フカヒレスープ)です。

taiwan_sangengo_gourmet_5

左奥がスペアリブスープ、手前がフカヒレスープ

どちらも本当に味に深みがあって美味。

けんにい
あっ?!見ておわかりの通り、フカヒレスープのフカヒレ感は全くありません 笑

「三元號@台北」のメニュー

2019年6月現在のメニューを参考に載せておきます。

5年くらい前から通っていますが、一度もメニューが変わったことはありません。

メニューの数こそ少ないですが、全く飽きないメニューです。

残念ながら日本語メニューはありません。

taiwan_sangengo_gourmet_menu

メニュー

「三元號@台北」のまとめ

この記事では『三元號@台北』のルーロー飯、立地、外観、内観、メニューをご紹介しました。

台北でルーロー飯を食べるならホントにここは絶対に外せないです。

台湾にきて、 三元號に行かなかったら、もはやモグリ。。

食べましょ、もうそれしか言えないです 笑

以上、けんにい(@KEN23_jp)がお伝えしました。

お店情報
  • 店名:三元號(サンイエンハオ)
  • 住所:台湾台北市大同区重慶北路二段9-11号
  • 電話番号:(+886) 0225589685
  • 営業時間:月曜〜日曜 9:00~22:00
  • 定休日:不定休
  • お支払方法:現金 / カード不可
参考 三元號食べログ

台湾旅行完全ガイド【まとめ】はこちら

taiwan_matome_gourmet 【まとめ】ガイドブックにも載ってない!台北に行ったら絶対食べたい台湾おすすめグルメ5選 taiwan_syouronpou_syoushanhai_eyecatch 『小上海@台北(食レポ)』の小籠包は肉汁たっぷりで台湾No1.グルメ! taiwan_asomensen_grurmet_eyecatch 『阿宗麺線@台北(食レポ)』の麺線は台湾で絶対はずせない人気おすすめグルメ! taiwan_negimochi_eikougai_eyecatch 『天津蔥抓餅@台北(食レポ)』のネギ餅は台湾グルメの超人気メニュー! taiwan_taipei_breakfast_restraunt_eyecatch 『世紀豆漿大王@台北(食レポ)』は台湾の定番朝食グルメ『豆乳』がおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA