全カテゴリーはこちら

【借りる前に要チェック】海外でレンタカーを運転するときの3つの注意点とは?

how-to-drove-oversea_eyecatch-min

海外でレンタカーを借りて旅を楽しんでいる、どーもけんにい(@KEN23_jp)です。

海外で車を運転したことがないと「むずかしそう・・・」というイメージがあると思います。
しかし、一度運転してみると「日本の運転とあまり変わらないなぁ」と感じます。

なぜなら、海外と日本で運転する時の違いは3つだけなのです。

  1. 走行車線が右側(国によっては左側)
  2. 速度表示がマイル(mile)
  3. 交通ルールが違う

これらの違いがわかってしまえば、海外での車の運転はまったく心配ありません。

つまり、3つの違いに注意すれば、海外でも安全に車を運転することができます。

ということで、この記事では『海外でレンタカーを運転するときの3つの注意点』をご紹介します。

走行車線の違いに気をつける

how-to-drove-oversea_01-min
国によって走行車線が異なりますが、左走行に慣れている日本人が、初めて右走行をすると、かなりの怖さを感じると思います。

まっすぐ走ることだけなら、すぐに慣れますが、

一番注意しなければならないのが、直進からの左折です。

慣れていないと左折後に、無意識で左車線を逆走して、正面衝突する可能性がとても高くなります。

この運転ミスを防ぐためには”ゆっくりカーブを曲がる”ことぐらいしか方法はありません。

特に曲がる時には注意しましょう。

速度表示に気をつける

how-to-drove-oversea_02-min
日本の車のメーターは、速度表示がキロメートル(km/h)ですが、国によってマイル(mile/h)表示になっている車があります。

マイルの約1.6倍がキロメートルなので、慣れると自分がどのくらいの速さで走っているのかが、すぐにわかるようになります。

しかし、慣れないとメーターに気を取られて、事故の原因になりかねません。

メーターは、制限速度を超過しないための道具としてのみ使用して、自分の現在の速度をあまり気にし過ぎないようにしましょう。

交通ルールの違いに気をつける

how-to-drove-oversea_03-min
海外で一番気をつけなければならないのが、交通ルール

知らなかったじゃ許されないので、必ず出発前に確認しましょう。

現地の交通ルールを知るためには、在日大使館に問い合わせるのが一番確実です。その時に日本の道交法との違いを聞いておくのが良いでしょう。

さらに、車を借りるレンタカー屋さんからも交通ルールの注意点について情報収集するとより確実です。

『海外でレンタカーを運転するときの3つの注意点』のまとめ

この記事では『海外でレンタカーを運転するときの3つの注意点』をご紹介しました。

海外と日本で車を運転する時の3つの違いは、

  1. 走行車線が右側
  2. 速度表示がマイル
  3. 交通ルールが違う
それぞれの注意点についてもご説明しました。

レンタカーを借りると、今まで行けなかった場所に行けたり、より自由な旅を楽しむことができるようになります。

しかし、知らない土地での運転は、事故を起こす大きなリスクがあることも忘れてはなりません。

日本以上に慎重な運転を心がけて、海外でのドライブを楽しみましょう!

以上、けんにい(@KEN23_jp)がお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA