全カテゴリー(サイトマップ)

英語プレゼンの準備で頭が火を噴く!英語の会議とプレゼンって全然違うじゃんな話

おーい、KEN兄!耳と頭のテッペンから火が出てるよー

あっ?!そうかプロジェクト佳境だったね

あっ、どーもみなさん現実と空想を行ったり来たり、1ヶ月後の自分を想像してニヤニヤしたり半壊気味の、どーもKEN兄です。

5ヶ月やってきたプロジェクトもあと少しでフィニッシュ!しかーし!フィニッシュするためにはExcevitiveの前で英語のプレゼンしなきゃならんのです。

他のプロジェクトが忙しくて、2日前までちゃんと練習もできていなかったのですが、何?何?何?????英語のプレゼンって思っていた以上に難しいじゃーーーーーーん、、、

単語が出てこない、、ロジカルに考えてるはずなのに言葉出てこないって、本気で焦ります。。

英語の会議みたいにサッサと簡単に行くと思っていたのは甘かったです。

覚えるのが本当に苦手なので、今更原稿書いて覚えようなんて気持ちには全くならない。。

さてどうしよう。。

と考えてひとつ思い浮かんだのがいつも以上にゆっくりしたスピードで話すことがです。

試しにやってみると結構良い感触だったのでやってみたいと思います。

ポイントは思考を追い抜かさない速度で喋ることです。人間焦ると早口になりがちなので、焦った時ほどゆっくり話す事を意識と良いと思います。

さあ、あとちょっとでプロジェクトがコンプリートするので頑張るぞー!!!

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

プロジェクトでの学び。問題の本質を炙り出す時間は自分が考えている倍以上の時間をかけることが必要だと分かった。 業務改善プロジェクトに参画して、問題解決プロセスが大きく変化したと感じた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA