全カテゴリー(サイトマップ)

性欲と疲労と子孫繫栄の妙な関係の考察

最近毎日終電帰りが続いて、睡眠時間も3時間くらい・・・。

疲労感MAXで毎日ひーこらひーこらしてます。

ここ2~3日、夜寝ようとすると疲れているのになぜか性欲が湧いてくるという謎な症状が表れています。

生命維持にスタミナを使ってもらいたいから性欲にパワーを割いてるばやいじゃない、、、

なのになぜ?ボディーはムラムラを求めるのか・・・なぞだ。。

ランチを食べていて、フッとその解が舞い降りてきました。

以降は僕の頭の中でのやりとりです。

KEN兄「おい!弟、KEN兄のボディそろそろヤバいぞ」

KEN弟「マジっすか!どうしよどうしよ」

KEN兄「まあ、落ち着け、俺には良いアイデアがある」

KEN弟「良いアイデアって何ですか?」

KEN兄「子孫繁栄モードに切り替えて、分身ができたらこのボディとグッバイだ!」

KEN弟「なるほど!さすがKEN兄!で、どうやるんですか?」

KEN兄「性欲をMAXまで引き上げて、下手な鉄砲を撃たせよう!」

KEN弟「なるほど!やっぱりKEN兄!すげーや」

以上、寸劇終わり。

人間、体が生命の危険を感じたら自分よりもより新しい細胞を残そうとするプログラムに切り替わるんですね。

今まで人類が生き抜いてきた環境を考えれば『生命維持<子孫繁栄』の不等式は納得できます。

疲れているのに性欲があるって、なんかすごいヘンな感覚です。

みなさん、妙な性欲を感じたら生命の危機と性犯罪に走らないようにくれぐれも気をつけましょう。

おしまい

あっ、ちなみに僕はまだブログ書くぐらいの余裕はあるので大丈夫です 笑。ブログで息抜き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA