良い行いも悪い行いもまわりまわって自分に返ってくるんだなって本当そう思う今日この頃

因果応報という言葉がありますが、最近自分を含めて自分の周りで起こる良いこと、悪いことは全てまわりまわって自分や自分の周りの人に返ってきているんだと思うことがよくあります。

良いこと悪いことって小さなことの積み重ねです。

例えば、信号が赤で車が全く来ない交差点で待っていたとします。あなたは渡りますか?

以前の僕は渡っていました。でも心の中で子供に信号を守りなさいと言っているのに自分のやっていることってどうなんだろうというモヤモヤがありました。最近分かったこと、それは自分がやめた方がいいと思っていることやモヤモヤしていることは心のどこかで自分のノイズになっていることがあります。

自分が正直に生きていれば、そんなノイズないはずなのに、自分が楽をしようとしたり、ズルをしようとしたりして。自らノイズを生み出してしまっている矛盾。

やめた方がいいと思っていることや、やった方がいいと思っていることに対して見て見ぬ振りをしてることってありませんか?そんなモヤモヤを取り除いて生きるだけで心ってとっても軽くなり、そしてとっても楽に生きられるようになります。

小さなノイズの輻輳がいずれ騒音になって自分に返ってきます。なぜなら僕らは空間の中に生きているので、自分が出したノイズはいずれ自分に返ってくるのです。昔の人は因果応報とはよく言ったもので、良くも悪くも自分がやったことの報いは自分に返ってきます。

因果応報は大きなことだけでなく、小さなことでも一緒です。小さいことだから「ちょっとぐらい良いか」ではなく、小さいことからコツコツとやっていこうという気持ちがとっても大切です。

正直に生きたらどんなに楽だろうかと分かっていても、何かを理由にして今の環境から抜けだすチャンスを自ら逃していることがあります。それが快感に繋がっていたり、習慣になってしまうとなおさら抜け出しにくくなります。

小さなことからで構いません。いや、むしろ小さなことにこそ正直に生きることが大切です。普段自分がやめた方がいいと思っていること、これをやっておいた方が良いと思うことを素直にやってみては如何でしょうか?

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA