自分がどう見られているかより、自分がどうありたいか?にフォーカスする。自分の人生を楽しむための大切な考え方

きっかけ

最近自分が何をしたいかを考える時間が多くなりました。今までは家族や何かを理由にして自分のやりたいことをガマンしていると自分に言い聞かせていました。ある時、自分のやりたいことを素直にやって良いんだということに気がつきました。

僕は自分の人生を楽しんで良いんだ、僕が僕自身の人生を楽しまなければ、誰も僕の人生を楽しんではくれない。当たり前のようで意外と気がつかない真実に気がつきました。

自分の人生を楽しむことで、自分では気がつかなかった束縛から解放されたのでそれを書くことにしました。

自分の人生を楽しむことに集中すれば周りの評価は問題じゃない

日々生活をしていれば会社からの評価やご近所での評判がどうしたって気になってしまいます。周囲の自分に対する評価は自分がどう頑張っても、所詮は他人が決めることなので、評価を良くしようと思っても限界があります。自分がどう頑張っても変えることが難しいことにフォーカスするよりも自分ができることにフォーカスする方が前向きですし、何より気持ちがとても楽です。

では自分できること?を考えた時、シンプルに自分がやりたい・あるいは楽しいと思うことをやれば良いと思います。組織の中で働いていれば自分のやりたいことばかり出来ないのは事実です。しかし、やりたくないことが必ずしも楽しくないこととは限りません。極端かもしれませんが、楽しくない仕事を一つあげるとしたら、何もやる仕事がないことは楽しくない仕事なのかもしれません。

ここで僕の実体験をお話しします。以前の記事でも少し書きましたが、入社して3ヶ月は知識も経験もなかったため、できる仕事は何もありませんでした。仕事はひたすらManualを読むことでした。書かれている専門用語はまるで呪文のようで、何のことだかさっぱり分からず毎日が本当に辛かったです。

この経験があったおかげで、どんな仕事がきても、仕事ができない状況と比べれば頑張れる!そんな意識に変わりました。仕事があることの幸せを感じられれば、どんな仕事でも楽しめる、僕は過去の経験からそう学びました。

仕事だけではありません。日々の生活でも自分の人生を楽しむことにフォーカスすれば、今まで見えなかったことがきっと見えてくるはずです。

感想

なかなか分かっていてもできないなぁって思うことはたくさんあると思います。

でもそれは自分が変わる勇気がないだけだと思います。本当にやりたいのであれば一歩踏み出せば良いんです。

後のことは踏み出して歩きながら考えれば良いんです。自分がどうしたいんだろう?どうありたいんだろう?そう自分に問いかけて、自分の答えに素直に身を任せれば良いと思います。

少しの勇気でたくさんのことが変わります。何か一つでも少しの勇気を持って踏み出せば、色んなことに対して一歩を踏み出す勇気を持つことができます。

周りがこう思うからやめよう、って思う自分の考え方を少し変えてみて一歩踏み出しては如何でしょうか?

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA