【レビュー】Sony HDR-AS300を購入。FDR-X3000を選ばなった理由は?

ヨーロッパツーリングに向けて着々と準備を進めていますが、その中でも特にこれだけは絶対に持って行こうと思ったものがGo-Proなどで有名なアクションカメラです。色んなメーカーから発売されているアクションカメラですが、種類が多いだけに最初はとても迷いました。色々調べた結果、ソニーのウエアラブルアクションカム HDR-AS300に決めました。

この記事ではなぜSony HDR-AS300選んだのか?Sony HDR-AS300をどのようにヘルメットにつけるのかをメインにご紹介します。実際の動画は別の記事でご紹介します。

HDR-AS300を選んだ理由は?

Sonyの中だけでもFDR-X3000HDR-AS300そしてHDR-AS50と3種類もあります。さらに腕につけるリモコンの有無も含めると選択肢は6つにもなりました。色々悩んでいたところブログ仲間の王子様がロードバイクでFDR-X3000を使っていることを思い出し、ブログ会で会った時に直接聞いてみることにしました。

その結果、4Kのデータも重いし、そもそも4Kテレビがないと意味がないのでそんなに必要じゃないですよ。

リモコンはなくてもスマホと同期して見られるのでリモコンもそんなに必要じゃないですよ。

ととっても参考になるアドバイスがもらえたので最終的にHDR-AS300を購入することにしました。王子様その節は本当にナイスなアドバイスをありがとございました!それにしても王子ブログのFDR-X3000の説明がすごく分かりやすくて丁寧でビツクリしました。

どこで買ったのか?

価格ドットコムやAmazonで探しましたが、ヤマダ電機の店員さんと話をすると色々とサービスしてくれて一番安くしてもらえたので新橋のヤマダ電機で購入しました。価格ドットコムの最安値よりも1000円も安くしてくれました。ヤマダ電機の店員さんに感謝!ありがとうござました!

Sony HDR-AS300の箱

追加で購入したものは?

今回は2つ追加で購入しました。

アクションカメラをツーリングの時に使用するために、車体かヘルメットにつけるためのアタッチメントが必要でした。臨場感を出すために車体ではなく、ヘルメットに装着するためのアタッチメントのオプションを同時に購入しました。その際も割引してもらえました。至れり尽くせり。在庫がなかったため、取り寄せとなりましたが1週間で受け取ることができました。

Sony HDR-AS300のヘルメット用アタッチメント

もう一つがmicroSDXCメモリカードです。書き込み速度がどのくらい必要なのか分からなかったため、念のためスピードクラス10のサンディスクのSDSQUNC-128G-GN6MAを購入しました。

では実際にモノを見てみよう

HDR-AS300の付属品は至ってシンプルで、本体、充電用マイクロUSBケーブル、水中撮影用防水ケース、バッテリー、説明書、オプションのアタッチメントに装着するための台座の合計6アイテムのみ。

Sony HDR-AS300の付属品一式

作りは結構しっかりしていますが、地面に落下させたら間違いなく壊れそうな感じです(王子様すでに経験済)。アクションカメラというだけあって使用する場面は決まって激しい動きが伴う場所です。そのため落下のリスクがとても高いです。水中撮影用防水ケースに入れたまま撮影するのもありかなぁと考えており、ヘルメット用のアタッチメントとの相性を確認して使う予定です。

カメラ正面
Sony HDR-AS300の正面

カメラ右
Sony HDR-AS300の右側

カメラ左
Sony HDR-AS300の左側

カメラ後ろ
Sony HDR-AS300の後ろ

カメラ底
Sony HDR-AS300の底

カメラ上
Sony HDR-AS300の上

水中撮影用防水ケース
Sony HDR-AS300の水中防水ケース

電池をいれるところ

アプリで見るとどんな感じか?

HDR-AS300は専用のアプリをApp StoreからダウンロードしてWi-Fiを使用して、iPhoneで撮影中の映像を確認することができます。下の写真は撮影専用のアプリですが、動画編集用のアプリもちゃんと準備されており、映像として完成するまでのツールがしっかり揃っているところをみるとSonyの得点はかなり高いです。

Sony HDR-AS300のアプリ

アクションカメラをヘルメットに装着する

アクションカメラを取り付けるためには専用のアタッチメントが必要です。アクションカメラをヘルメットに取り付ける時の位置決めが結構ややこしく、iPhone用アプリを立ち上げて撮影画面をリアルタイムで確認しながらヘルメットへの取り付けをするなどの工夫が必要になります。

アタッチメント一式

ヘルメットに貼り付けるパーツ。ヘルメットの丸みに合うようにR(カーブ)がついてます。

アクションカメラをつける前

ヘルメットにアタッチメント一式を装着したところ

ヘルメットにアクションカメラを取り付けたところ

ヘルメットにアクションカメラを取り付けたところを正面から

ヘルメットにアクションカメラを取り付けた時と外した時の写真を参考に掲載しておきます。アクションカメラを外した後の台座がヘルメットにデカデカと残ってしまうのがとても残念です。でもこれは仕方ないですね・・・。

ヘルメットにアタッチメントのベース部分が残ったところ
ヘルメットにアタッチメントが残ったところ

水中撮影用防水ケースに入れた状態でも問題なくアタッチメントに装着することができました。あとは映像と音声がどうかを撮影して確認しようと思います。

アクションカメラをヘルメットに付けるとどんな感じか?

ヘルメットを被っている時にアクションカメラの重さを感じることはなく、視界に入ることもないため、走行中にアクションカメラが気になることはありません。

残念なこととしては、アタッチメントの構造上、ヘルメットの端が映像に写り込んでしまうことです。臨場感があるといえば聞こえはいいですが、実際にはちょっと邪魔だなぁと感じました。

まとめ

Sony HDR-AS300選んだ理由とヘルメットにSony HDR-AS300をつける方法をメインにご紹介しました。

まだ撮影していないので映像や音声がどれくらいの品質なのかはこれから検証してみたいと思います。アクションカメラをつけた状態がなんともブサイクですが良い映像を残すためには仕方ないと割り切っています。

またバイクで走行した映像が撮影できたらご紹介します!

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA