モンクレールのダウンに穴が開いても大丈夫!正規店で手頃な価格で修理するのが絶対オススメ!

3年前にBUYMAを通じて、モンクレールのダウンを買いました。

当時日本では取り扱っていなかったグレーが欲しくてイタリアから送ってもらいました。

それから3シーズン飽きることなく、ずっと着ていました。

今年もいつも通り着ていたのですが、襟に擦れて穴が開いているのを発見!ガーーーン…どうしよう、すごい気に入っていたのに。

裁縫は得意ですが、裏に生地を当てて補修するなんて高等な技術はないので、どこかに修理をお願いすることにしました。

とういうことで、この記事では、『モンクレールの正規店でダウンを修理する時の流れ』について書きたいと思います。

『モンクレールの正規店でダウンを修理』してくれることが判明!

はじめはネットで色々調べて、探したのですがなかなか良いところが見つからず、どうしようか途方に暮れていました。

ある日友達から正規店でクリーニングやってくれるとの情報をキャッチ、だめもとで修理して貰えるか聞くことにしました。

電話で確認したところ、持ってきて見せて下さいとのことだったので早速銀座にあるモンクレールさんに持って行きました。

モンクレールの正面

銀座のモンクレール正規店

『モンクレールの正規店でダウンを修理』する時の流れ

穴の箇所を見てもらうと「これなら問題なく直ります!」という回答が!もうショップの店員さんがキラキラ輝いて見えました

見積もりは改めて工場で詳細を見てもらってからということだったので、その日は預けて帰宅しました。

約1週間くらい経ってから電話で見積もり金額が提示され、修理するか?やめるか?聞かれました。

修理代があまりに良心的なので、迷わずお願いしました。

MEMO
修理箇所の大きさや修理の難しさで値段が変動します。

預けて2ヶ月くらいで修理が終わって受け取ることができました。

モンクレールの修理箇所

修理完了後の穴

『モンクレールの正規店でダウンを修理』した感想

この記事では、『モンクレールの正規店でダウンを修理する時の流れ』について書きました。

日本で購入したダウンではなかったので、修理はやっているものの引き受けてもらえるか心配でした。

店員さんの対応も素晴らしかったのですが、売りっぱなしではなくアフターケアもしっかりやるというブランドの取り組みを知り、よりモンクレールが好きになりました。

洋服を修理して着る人がどれだけいるか分かりませんが、どんなものでも自分が気に入って購入したものは長く大切に使い続けたいというのが僕のポリシー。

また使うことができるようになりモンクレールさんに感謝!!

以上、KEN兄(@KEN23_jp)がお伝えしました。

モンクレールのダウンは正規店のクリーニングが絶対おすすめ!お手頃な料金でシミ抜きも完璧! 【カナダグースの手袋 レビュー】ダウン以外も熱い!! 【カナダグース エモリーパーカー ブラックディスク】サイズ感・外観・値段・着こなしを徹底レビュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA