毎年11月の恒例行事の大田ふれあいフェスタに行って色んな美味しいものを食べてきたよ!

大田区はかなり国際色豊かです。空港があるからなのか?分かりませんが中国人、韓国人、インド人が多い気がします。

子供達が通う保育園と小学校をみるとクラスに一定の割合で外国人の子供達がいます。

長男の小学校ではナンとカレーが給食に出るそうです。時代は進んでますね。

ということでそんな国際色豊かな大田区で毎年開催されている大田ふれあいフェスタをご紹介します。

大田ふれあいフェスタで平和島競艇場にも入れるよ

大田ふれあいフェスタは3つの大きな公園と競艇場で開催されています。
大森ふるさとの浜辺公園その1

大森ふるさとの浜辺公園その2

大森ふるさとの浜辺公園その3

花笠踊り

2020年オリンピックのビーチバレーで使用される予定のビーチバレーコート


それぞれの場所でフリーマーケットやミニSLに乗ることもできます。

いつも大行列な平和の森公園のミニSL

国際色豊かな街を反映してか、出店している屋台の料理の国籍がとても豊富です。

ここでしか食べられない料理があるわけではありませんが、どのお店の料理もいつもはレストランで提供されている料理がレストランを飛び出してきたものばかりなのでとっても美味しいです!

インドネシアのサテー

トッポギ

トッポギアゲイン

食べかけステーキ丼

インドネシアのピサンゴレン(揚げたバナナマン)

チーズナンとタンドリーチキン

激ウマ唐揚げ

いつも出店しているタイ料理屋さんが好きで、毎回パッタイや唐揚げを食べています。

夏祭りなどで見られるテキ屋さんのような出店はほとんどなく、いわゆるプロ出店はありません。

ギャンブルを一切しないので、普段平和島競艇場に入る機会はありませんが、毎年この日だけは競艇場に行きます。競艇場は他の会場よりもご飯を提供する出店の数が多く、その中でもコックさん協会の出店の料理はいつも美味しいです。ちなみに去年に引き続き今年もステーキ丼でした。

その他にも飲み屋さんの出店でもつ煮が出ていたり、競艇場のゴハンは特に美味しいです。

食べ物以外でも楽しめますよ

大田ふれあいフェスタに合わせ非公式でコスプレの集いも毎年やっているようです。若い人だけでなく、なぜかおじさんが女子高生のアニメのコスプレして普通に歩いています。すれ違う人はみんな二度見していました。長男は「キモい」、次男は「なんで変な格好してるの?」と聞かれたりします。

毎年色んな会場に隠された宝箱に書かれたキーワードを集めるトレジャーハンティングで子供達は楽しんでいます。去年は大人も本気になるくらい難しかったのですが、去年の教訓か分かりませんが今年はかなり優しくなっていました。差が激しい。。

まとめ

毎年11月に開催されている大田ふれあいフェスタをご紹介しました。

かなりローカルなフェスタですがコスプレ好きの人には結構メジャーなイベントかもしれません!

もし11月に平和島付近に用事があればついでに行ってみて国際的な空気を楽しんでみて如何でしょうか?

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA