【Woolworths(ウルワース)@メルボルン】魅力満点の地元スーパーのおすすめ品とは?

本日はゴールドコーストからメルボルンに移動する日。

久しぶりのドミトリーは4人部屋にまさかの1人でぐっすり眠れて、さらにいつもの習慣で朝4時に起きてしまったので、そそくさと準備をして早い便に乗ることにしました。

ちなみに日本とオーストラリアの時差は1時間しかないので、旅をする時は時差ボケにならない、仕事をする時もメールの時差がないのでかなり便利です!

JQ435便でメルボルンに移動したよ

トラムとバスに揺られ空港に向かい、空港でお茶しつつ行き交う飛行機を見ながら搭乗までの時間を過ごしました。

当初お昼の便で移動予定でしたが朝イチの便が空いていたので変更してもらいゴールドコーストから空路メルボルンへ向かいました。

メルボルンの街を散策してみた

ホテルのチェックインの時間は14:30、時間があったので久しぶりのメルボルンの街を散策しました。

あいにくの雨でしたが、メルボルンの街の匂いが懐かしい。前回は1年ちょっと前に来ましたがあまり変化はなく、変わらぬ良い街です。

謎のちゃんちゃん焼丼

レートは街中の方が良かったです。

オージーはタピオカミルクティー好きか。。

地元スーパーは魅力満点でやっぱり面白い!

オーストラリアで有名なスーパーのひとつWoolworths(ウルワース)に行きました。

国や地域が違えば食文化も異なります。食文化が異なれば売っている食品も異なるので、滞在先のスーパーに行くのが何より楽しみです。

買っちゃった・・・笑

クリスマスシーズン前とあって七面鳥やケーキ等が売っていました。食べて見たいものがたくさんありましたが、1人ではどう頑張っても食べきれない量のものばかりなのでいつも断念してます。

衝撃的な味のベジマイト、何かを発酵させた食べ物で日本の納豆的存在か。。

オーストラリアのお土産といえばティムタム

ビーニール傘も売ってます

値引きされると大きいコールスローの方が安くなるという謎の現象が

犬ケーキ、ケーキ犬、どっちが正解だ??

言わずと知れたオージービーフ

まとめ

1日目のメルボルン散歩をお送りしました。今回は5日間滞在予定ですの毎日メルボルンの街を少しずつご紹介したいと思います。

ちなみにメルボルンは世界一住みやすい街だそうです。何が基準で世界一なのかは分かりませんが、コンパクトにまとまっていて、食べるものも美味しくて、街も綺麗で確かに良い街です。

オーストラリア初の世界文化遺産もあるのでボチボチご紹介したいと思います。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA