【レビュー・口コミ】ジェットスターのビジネスクラスの機内食・座席の座り心地はどうなのか?

本日はジェットスター航空JQ21便ゴールドコースト行きにご搭乗頂き誠にありがとうございます。

本日の機長はジェットスー太、チーフパーサーはジェットスー子が担当致します。なお本日はKEN兄さんがレポートを担当致しますので、ごゆっくりとブログをお楽しみ下さい。

ということで、この記事ではジェットスターのビジネスクラスで行く成田からゴールドコースト(OOL)までの旅をご紹介します。

座席の座り心地は?

座席にはヘッドレスト、フットレスト、そしてリクライニングがついています。

前の座席との間隔は拳3つ分くらいです。もちろんフラットにはなりませんが、シートをリクライニングして寝ながら過ごすには十分なスペースがあります。

USBと電源も各座席に配置されているのでとても便利です。

エンターテイメントはゲームや映画が楽しめる

2年前くらいまで飛んでいたA330の時は有料でiPadが配布され、映画を見るスタイルでしたが、B787になってからはパーソナルディスプレイが各座席に装備され、とても使いやすくなりました。

言語は日本語、英語、そして中国語から選ぶことができます。

他の航空会社に比べると映画やゲームの種類は少ないですが、9時間のフライトには十分な本数が揃っています。映画のチョイスに合う合わないがあるので僕は必ず本を持って行きます。

多過ぎても迷うだけなので、これくらいの本数でちょうど良いですね。

今までもそうですが日本語の字幕や音声の映画が圧倒的に少ないです。僕は日本語・英語に関わらず見たい映画を見ています。

イヤホンは盗難防止のためかジャックが3本も生えてます 笑。誰もヘッドホンなんて持って帰らないと思うんだけどなぁ。

機内食はLCCらしいシンプルさ

今回は出発時間が20:30だったので夜食と朝食が提供されました。LCCなので食事もシンプルでした。

夜食はパスタ

朝食はバナナパウンドケーキでした。

アメニティの中身は?

ちょっとしたアメニティがあります。

ブランケットが席に置かれていますが、持ち帰りはできません。

機内Wi-Fiはありません

今後Wi-Fi用のアンテナを取り付けるのかどうか分かりませんが、2017年11月現在、機内Wi-Fiが使える環境はありません。

まとめ

ジェットスター航空のビジネスクラスで行く成田からゴールドコーストまでの旅をお届けしました。

ビジネスクラスとはいえ、やっぱりそこはLCCなので期待し過ぎると「えっ?!こんなもんなの」と落胆することと思います。大手航空会社のエコノミークラスよりも少し高めの料金で広い席に座るというイメージがしっくりくると思います。

フライトが長ければ長いほど、座席の過ごし易さは重要なポイントになると思うので、豪州渡航の際はジェットスター航空のビジネスクラスは如何でしょうか?(宣伝みたいになっちゃった 笑)

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

おまけ

以前書いた飛行機搭乗記はこちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA