全カテゴリー(サイトマップ)

シドニーのオペラハウスを弾丸ツアーした日|ニュージーランドキャンピングカー旅行5日目

今日はクイーンズタウン空港でキャンピングカーを返却し、カンタス航空でシドニーに向かいました。

トランジットが6時間あったのと、次男がオペラハウスをどうしても見たいということで、オペラハウス弾丸ツアーを決行することにしました。

もはや何でもありな旅になってきたので、途中でオペラハウス見に行くくらいはどうってことありません 笑

[nlink url=”https://ken23.jp/archives/12089″]

キャンピングカーにサヨナラ

今日も清々しい朝がやってきた。

長い旅を一緒に続けたキャンピングカーともお別れ、最終的に1340kmを走りました。

これだけ長く一緒にいると何か愛着が湧いてくる・・・

やっぱり日本でもキャンピングカー探しちゃおうかな。。

グッバイJUCY、また来るね!

QF182でシドニーへ移動

日本に帰るためにカンタス航空でクイーンズタウンからシドニーへ移動しました。

クイーンズタウン空港はローカルな雰囲気がありつつも、お客さんがたくさんいて、とても活気がありました。

フライトタイムは2時間半でしたが、疲労で寝落ちして、あっという間に着きました。

さあオペラハウスツアーに出発!

シドニーに到着し、早々にイミグレーションを済ませて、エアポートシャトルバスでオペラハウスハウスに向かいました。

オペラハウスの外観だけを見てまわる予定でしたが、時間があったのでツアーに参加しました。

ちょうど16:30に日本語のツアーがあり、オペラハウスの中を歩きながら歴史やどのような経過を経てできたのかの説明を聞きながらまわることができました。

30分のツアーなので、子供達も飽きずに最後まで見ることができました。

久しぶりのB747-400に乗ってみて

今回の旅で一つやりたいことがありました。

それが日本ではもう乗ることができないB747-400に乗ることでした。

世界的にもB747-400の退役が進んでおり、なかなか乗る機会がなかったの今回は路線をアレンジして乗ることができました。

機齢がだいぶ古いため、シートはそれなりに新しいですが、全体的にスイッチや照明に古さを感じました。

でも僕はB747-400に漂うノスタルジーな感がとても好きです。

B787のような新しい機材は快適で綺麗でとても素晴らしいですが、新しさだけではない良さがB747-400にはあります。

学生の時に製図板で747-400を書いたのが懐かしい。

全日程の感想

メルボルン動物園にはじまり、キャンピングカーでニュージーランドを駆け巡り、最後にシドニーのオペラハウスで旅を締めくくり、とても充実した夏の旅行になりました。

冬のニュージーランドはオフシーズンでどうなるか心配なところもありましたが、行ってみると色んなところが混雑していなくて、ベストシーズンに行かなくても良いことが分かりました。

キャンピングカーは寝心地悪いのかと思いましたが、蓋を開けてみれば一日もホテルに泊まることなく、全日程をキャンピングカーで寝泊まりしました。

色んなオートキャンプ場を利用して、施設によって良し悪しが大きく違うことも良く分かりました。この旅で一番良かったキャンプ場はテカポ湖でした。

近くに温泉施設があり、キャンプ場から見える景色も最高でした。きっとまた行くと思います。

ニュージーランド最高でした!

ニュージーランドキャンピングカーの旅に最後までお付き合い頂きありがとうござました。

4日目はこちら
[nlink url=”https://ken23.jp/archives/12089″]

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA