【2018】ニュージーランドをキャンビングカーで旅してみる|準備編

2018年の夏休みはヒツジーランドに行っちゃうよー、あっ?!どーもジンギスカン大好きなKEN兄です。

オーストラリアは何回か行きましたが、ニュージーランドは今回が初めてです。

ニュージーランドといえば羊か羊か…やっぱり羊。

あとはロードオブザリングでも有名な大自然があります。

ということで、今回の旅行はニュージーランドの大自然を見てみたい、そして癒されたいと思い、気ままに寝泊まりができるキャンピングカーを借りてドライブ旅行することにしました。

この記事ではニュージーランドってどこにあるのよ?とかキャンピングカーってどうやって借りるのよ?とか、羊の方が人間より多いってホントかいな?とかとか、それと今回の旅行の移動計画もご紹介します。

ニュージーランドってどこ?

南半球はオーストラリアの南西に位置した島国です。

島は大きく2つに分かれており、北島には首都ウェリントンと最大の都市オークランドが、南島にはクライストチャーチがあります。

今回の旅は南島の北部のクライストチャーチから入って、南島の南部のクイーンズタウンから出るプランを立てています。

どのエアラインが飛んでるの?

1番メジャーな航空会社といえばニュージーランド航空です。

羽田-オークランドや成田-オークランドの直行便があります(2018年8月現在)。

その他の行き方としてはオーストラリアを経由して、クライストチャーチやオークランドに入る方法があります。

クライストチャーチへは直行便がないため、オーストラリアかオークランドでの経由が必要になります。

ちなみに今回僕はカンタス航空でブリスベン経由でクライストチャーチに入ります。Flight Timeは何と15時間遠いっす。。

//オーストラリアを経由する時の注意点//
オーストラリア経由でニュージーランドに入国する場合で、トランジットの時間が長くてオーストラリアに入国して時間を有効に使おうとしている方は、一時的な入国でもオーストラリアのビザETASが必要になります。

オーストラリアを少しでも楽しみたい方は事前にETASの申請をしておくのをおすすめします。

季節はどんな感じなのか?

日本の7月〜8月のサマーシーズンは、南半球のニュージーランドでは季節が逆転するのでウィンターシーズンになります。

場所によって雪も降るようです。

今回は慣れないキャンピングカーでの移動なので、雪道にならないことを祈るのみ。

気温や実際の道路状況はまたレポートしたいと思います。

通貨と物価

ニュージーランドの通貨はニュージーランドドルです。

だいたい1ニュージーランドドル(NZD)=75円くらいです。

500mmlのお水が1本2NZDなので、物価は若干日本より高いくらいでしょうか。

キャンピングカーはどう借りるの?

日本でもキャンピングカーに乗ったことがないので、何を借りたら良いのかすら分からない状況でした。

はじめてなので、キャンピングカーが我が家の旅のスタイルにあうのか?という心配もあったので、できるだけ安いキャンピングカーを借りることにしました。

今回のキャンピングカーは以下のサイトを参考に選びました。最終的に最も価格の安いJUCYというレンタカー屋さんに決めました。

レンタカー比較サイトはこちら

オフシーズンということもありますが、ワンボックスタイプのキャンピングカーが1日5000円で借りられます。これは安い!

予約は全てインターネットで完了しました。

国際免許が必要なのでお忘れなく!

国際免許の取り方についてはこちら

キャンピングカーはどこにでも駐車できるの?

オートキャンプ場あるいはホリデーパークという専用の場所に駐車して夜を過ごすことになります。

水道やトイレが全て完備されていても電源に繋がないとエアコンが使えない場合などがあるので、よほどのことがない限りは前述の2箇所のいずれかに駐車するのが良いと思います。

ちなみにオートキャンプ場あるいはホリデーパークの1泊のお値段は8000円〜10000円なので安くはないです。

営業時間外でもレンタカーをピックアップできるの?

事前に予約が完了していて、借りる二日前までに手続きが完了していれば、受付の営業時間外でもレンタカーをピックアップすることができます。

プラスで40NZDかかりますが、朝早くから使いたい方にはとってもおすすめです。

JUCYのリクエストフォームから問い合わせて国内免許と国際免許をメールで送付すると受け付けてもらえます。

5泊6日の移動計画

今回は5泊6日でニュージーランドの南島を縦断する予定です。

8/10 クライストチャーチ到着
8/11 テカポ湖で星空観察
8/12 テカポ湖からテアナウに移動
8/13 ミルフォード・サウンドで自然を満喫
8/14 クイーンズタウンを散策
8/15 クイーンズランド空港からシドニーへ

Google Mapの詳細な地図はこちら

旅行の全費用を大公開

帰国後にUpdateします!

持ち物リスト

  • 懐中電灯・・・キャンピングカーからトイレに行くときなどにあると便利
  • USBシガーソケット・・・車内での充電にあると便利
  • 一眼レフ&三脚・・・ニュージーランドの星空を撮るために必須!
  • 醤油&WATABI・・・シーフードが美味しいとのことなので、現地にもあると思いますが念のため
  • 携帯トイレ・・・子供のエマージェンシーの時に念のため
  • アルプスの天然水・・・詳細はこちらを参照ください
  • SIMフリーのスマホ・・・Google Mapが使えないとドライブが成立しないので必須
  • ジュニアシート(適宜)・・・現地で借りることもできますが、次男の強いリクエストに応えて持参

羊が人間より多いという噂は本当か?

インターネット情報によると人口一人当たり羊6頭だそうです。

なんという羊の多さ・・・

実際のところはどうか分かりませんが、この目で確かめて、改めてレポートしたいと思います。

まとめ

今回は『ニュージーランドをキャンピングカーで旅してみる』の準備編をお届けしました。

日本とは違い自然や温泉もあるみたいなので、現地で色々経験したいと思いま
す。

旅が始まったらリアルタイム記事を書きたいと思いますのでお楽しみに!

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA