全カテゴリー(サイトマップ)

【世界遺産】ミルフォードサウンドのフィヨルドに自然のすごさを知った日|ニュージーランドキャンピングカー旅行3日目

ニュージーランドの羊の数はやっぱりとんでもなく多くて、人間よりも多いのは間違いないと確信しました、どーもKEN兄です。

羊さん、本当にいっぱいいます。

眠れない時に日本中の人が一斉に数え始めても多分大丈夫です 笑

少し脱線しましたが、3日目はテアナウからミルフォードサウンドに移動し、雄大なフィヨルドツアーに参加した様子をご紹介します。

[nlink url=”https://ken23.jp/archives/11956″]

ミルフォードサウンドってどこにあるの?

最寄りの街、テアナウから130km離れたところにあり、車で約1時間30分くらいの場所にあります。

ミルフォードサウンドまではコーナーが連続した場所がいくつもあるので、車の運転に慣れていない方はツアーバスで行くをおすすめします。

ミルフォードサウンド見学ツアーは、テアナウから出発かクイーンズタウンから出発するのがほとんどで、クイーンズタウンの場合、片道5時間半かかるので体力的に結構シンドイです。

もし、自分で運転する場合はテアナウから出発するのが安全でおすすめです。

僕は今回テアナウに前泊してミルフォードサウンドまで車を運転して行きました。


ミルフォードサウンドって何?

氷河期に岩が削られてできた断崖絶壁のフィヨルドです。

高さ1000mを超す崖は圧巻です。

テ・ワヒポウナムというが世界自然遺産として登録されており、その中の一つとしてミルフォードサウンドが含まれています。

例えて言うなら屋久島の縄文杉みたいな感じです。

雨の日には、降り注いだ雨が岩に染み込まないため、至るところで滝を見る事ができます。

冬の時期でもミルフォードサウンドに自分で行けるの?

今回一番心配だったのが、積雪や凍結によって自分で運転できない事でした。

特に冬は朝晩冷え込むので凍結が怖かったです。

できるだけ昼間に走れるように早朝や午後遅くに参加するツアーは避けて、11時に出発するツアーを選びました。

そうすると朝8時に出発して、昼3時には帰ってこられるので路面の凍結は気にせずに済みます。

ポイントは11時のツアーを選ぶ事です!!

JUCYのお得なクルーズツアーがおすすめ

今回はJUCYクルーズというツアーに参加しました。

JUCYのレンタカーを借りていると運転手のクルーズ料金が半額になる特典があります。

大人は通常69ドル(半額で35ドル)、子供15ドルです。

ツアー時間は約2時間でタスマニア海まで行って帰ってくるコースです。

ミルフォードサウンドまでは自分で行かなければなりませんが、前述した通り、ツアー時間や出発地をうまく調整すれば自分で運転することは可能です。

ミルフォードサウンドのスケールは想像を超える

クルーズ船に乗り込み、出発するとすぐにフィヨルドが見えてきます。

この日は雨だった事もあり、霧がかかっていましたが、崖がそそり立つ姿ははっきりと見ることができました。

今ままでこんなスケール感の崖を見たことがなかったので、ただただスギョイという感覚しかありませんでした。

自然が作る雄大な景観は僕の言葉で表現できません。。実際に見て感じるのが旅の本来の目的なので、機会があればぜひ見にくるのがおすすめです!




途中の寄り道がおもしろい

ツアーが終わった後は、ミルフォードサウンドからクイーンズタウンまで移動しました。

街と街が結構離れており、街の間はひたすら牛か羊を眺めることになります。

それ以外は湖に立ち寄ってみたり、小さな街のドライブイン的なところで買い食いしてみたり、移動の合間合間も飽きることがありません。

クイーンズタウンのオートキャンプ場がとても良かった

今回クイーンズタウンでは2泊することになり、それぞれ違うオートキャンプ場に泊まることにしました。

1日目は小川が流れるオートキャンプ場で、こじんまりしていましたがシャワーやキッチンが綺麗で、何よりオルガンがあったので、子供達がとても喜んで弾いていました。

3日目の感想

テカポ湖に続き、ニュージーランドの自然って本当に素晴らしいなっと感じた1日でした。

旅は五感を使って、色んなことを体験できるのが醍醐味です。

旅に来たらお買い物もいいですが、その土地の空気や自然や人とふれあうのが、一番おすすめです。

郷に入っては郷に従えとは、本当にそうだなと思います。

旅も残り2日になりましたが、残りも全力で楽しみたいと思います!!

2日目はこちらから
[nlink url=”https://ken23.jp/archives/11956″]

4日目はこちらから
[nlink url=”https://ken23.jp/archives/12089″]

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA