全カテゴリー(サイトマップ)

【世界遺産・日光東照宮】初参拝の方必見!おすすめ見どころスポットをご紹介!

日光東照宮といえば、東京では修学旅行の定番スポットです。

名前は聞いたことあるけど、関東以外だと行ったことのある人って結構少ないと思います。

ということでこの記事では、初めて世界遺産・日光東照宮に参拝される方のために、ここは見ておいた方が良いですよ!というおすすめスポットをご紹介します。

日光東照宮の御祭神は徳川家康公

日光東照宮に名前が有名すぎて、徳川家康公が御祭神であることが影に、、、そうでないことを願っていますが、念のため。

家康公は神様として祀られているため、神号が東照大権現となっています。

御祭神についてはこのくらいにして、宮内についてご紹介します。

見猿・言わ猿・聞か猿で有名な三猿

宮内に入るとまず目に入るのは有名な三猿です。人だかりができているのですぐに分かります。

有名な装飾が多く、まるでテーマパーク(言い過ぎか…)にいるような感覚になりがちですが、ここはあくまでも神社なので写真撮影などで問題にならないように注意しましょう。

とはいえやっぱり三猿の前ではお決まりのポーズがしたいところ、、、目立たないようにやることをオススメします。

眠り猫や鳴き龍も外せない見どころ

三猿に比べるとやや知名度は低くなりますが、眠り猫も有名です。

眠り猫は家康公の墓前に行く手前の門の上にひっそりと佇んでいます。注意して探していないと見過ごす可能性大なので気をつけましょう!

アップ

残念ながら鳴き龍の撮影禁止がだったので外観だけ。。鳴き龍はある特定の箇所で手を叩くと音が反響して、まるで龍が泣いているように聞こえます。本当に特定の場所以外は音が反響しないのでとても興味深いです。

僕が小学生の時に初めて東照宮を訪れた時にはまだ世界遺産として登録されていなかったので、龍の下で好きなだけ手をバンバン叩けていました。しかし、今や世界中から人々が訪れる場所になり、龍の下で好き勝手に手を打ち鳴らすことはできなくなりました。ちなみに世界遺産に登録されたのは1999年だそうです。

感想

栃木県にある世界遺産・日光東照宮の見どころをご紹介しました。

小学生の時に日光移動教室で訪れた時とは雰囲気も観光客の多さも圧倒的に多くなったなぁという印象でした。世界遺産の力なんですかね。

一番変わったのは自分、、、笑。神社仏閣に自分の意思で行くことになるなんて小学生の僕は想像もしていませんでした。

ちょぴっと成長。

色々見どころをご紹介しましたが、神社なので清らかな気持ちを忘れずに、そして日々の感謝も忘れずに行くのが良いと思います。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

【洋食屋・山のレストラン@日光】地元の人も集う絶品洋食ランチが堪能できるおすすめスポット! 『星野リゾート界@鬼怒川』で癒しの温泉とこだわりの部屋で最高のおもてなし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA