人生は出会いと別れの連続、一緒の時間をどう過ごすかが大切なんだと思った日

人生はいろんな人と出会い、そして別れ、また誰かと出会う。その繰り返しの中で人はたくさんのことを学び、またたくさんのことに気がつきます。人間関係だけでなく、モノとの出会いと別れもまた同じです。

どのように出会い、どのように別れるのか?そこに重みが置かれてしまうと出会った後に熱が冷めたり、別れた後にもっとこうしておけば良かったとか後悔が残ってしまいます。

出会いも別れも必然とまではいかないまでも、何かのタイミングで出会ったり別れたりしているのだと思います。過去に面識はあったけれど、タイミングが合わなかったがためにより深い関係にならなかったということはよくある話です。

つまり出会いや別れというある一点に注目するのではなく、出会った後の一緒の時間、別れるまでの一緒の時間をどれだけ楽しく有意義に過ごせるかがとても大切だと思います。その時間を楽しむことができれば、出会いや別れへの執着はなくなると思います。

僕らは色々なコミュニティの中で生きています。コミュニティにいれば出会いも別れも避けることはできません。そのコミュニティで有意義な時間を過ごせるかどうかは自分の考え方一つで大きく変わります。

色々な仲間と一緒に過ごす時間を楽しみ、そしてまた新しい仲間に出会い、日々自分が成長できれば、きっと人生はとても楽しく変化していくことと思います。

僕もまだ未熟です。別れに対して悲しみや執着があることを自覚しています。まだまだ学ぶことがたくさんあることを実感します。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA